可視総合光線療法

コウケントー可視総合光線療法とは

 可視総合光線療法が開発されたのはヨーロッパで、既に100年以上の歴史があります。当時、ヨーロッパはクリミア戦争中で、病院内の負傷兵を収容するスペースが足りていませんでした。そして仕方なく中庭にベッドを置いてそこに寝かせていたところ、ナイチンゲールが「太陽光を浴びている患者の方が室内にいる患者よりも回復が早い」ということに気づいたのです。
 1893年、ニールス・フィンゼンは、当時照明として使われていたカーボンアーク灯の下の浮浪者の不治難病が治ったことにヒントを得ました。そして1903年尋常性狼瘡(皮膚結核)を治し、ノーベル医学生理学を受賞しました。これが光線療法研究の始まりです。
 現在、日本では財団法人光線研究所附属診療所が1927年より現在に至るまで中心となって、コウケントー可視総合光線療法を実施しています。
 財団法人光線研究所附属診療所は、日本で90年近くに渡ってコウケントー可視総合光線療法の研究や臨床を行ってきた実績があります。そして、たんぽぽ鍼灸指圧接骨院はこの診療所の公認を受け、さらにガン治療後のケアについて全面的にバックアップをしていただきながら施術にあたっております。たんぽぽ鍼灸指圧接骨院長は毎年光線療法の臨床別カンファランスのために、2泊3日の研修に参加しております。

当院の可視総合光線療法
体を温めることの意味

ペットへの施術

ペットの病気で悩んでいる方へ

 当院が用いている可視総合光線治療器は、太陽光線に近い光と温熱を照射するため、ペットにも安心して使用していただくことができます。犬や猫はもちろん、鳥などの小動物にも使用可能で、毛の上から照射しても効果はあります。動物は元々野生の本能がありますので、身体に悪いものであれば自分から離れていきますが、この治療に関してはむしろ喜んで受ける動物がほとんどです。
当院で可視総合光線治療器をお求めになられた方には、当院にてご自宅での適切な照射方法をアドバイスしております。またいつでもメールやお電話でご相談いただくことができます。まずはお気軽にご相談ください。

こんなお悩みありませんか?

以下の病気や症状でお悩みのペットには、特にお勧めです。

☑ 腫れ
☑ 痛み
☑ 傷があり出血した
☑ 皮膚病
☑ ガン
☑ ヘルニア
☑ 何となく元気がなく動きが少ない
☑ 食欲がない

ぜひ当院へお越しください。

PAGE TOP