可視総合光線療法

コウケントー光線治療専門院


 052-723-7796
 ⏰ 受付 9:00~11:00/14:00~18:00



お問い合わせはこちら
院長の光線ブログ
たんぽぽ鍼灸接骨院 コウケントー光線治療器販売サイト

たんぽぽ案内

〒464-0086
愛知県名古屋市千種区萱場2-1-16
サンシャインカヤバ1F

最寄駅
 ・名古屋市営地下鉄名城線
 「ナゴヤドーム前矢田」駅
 ・名古屋市バス
 「萱場」バス停より徒歩3分

 駐車場
  4台完備


― ガン手術のケア ―

ガンは細胞の暴走

医学の発達によって、今はガンと診断されても治ることも多くなってきました。しかし、ガンになった原因を取り除かなければ、抗ガン剤や放射線療法でガンを小さくしても、再発してしまう可能性があります。そもそも、ガンは細胞が異変を起こして暴走してしまう病気ですので、そうならないようにすることが重要です。
たんぽぽ鍼灸指圧接骨院は、ガンの術前・術後にお悩みの患者さま向けに、コウケントー光線治療器を用いた可視総合光線療法と施術用金属棒を使った施術を行っており、ガンと上手く共存できる身体作りのサポートをしています。ガンの症状でお悩みの方は、一度当院へご相談ください。


ガンは細胞の暴走

こんなお悩みありませんか?

例えば、以下のようながんのお悩みに対して施術を実施してきました。

抗ガン剤の副作用で悩んでいる
 放射線治療で肌がただれてしまった
 手術後、痛みがある
 腹水や胸水が溜まってしまう
 リンパ浮腫ができた
 治療に伴って、足や腕がむくみやすくなった
 薬の副作用で身体がだるい
 不快感が残っている
 術後の傷跡に違和感がある


ガンと光線療法の関係

アメリカの疫学研究者ガーランド博士やシュワルツ博士は日照量の少ない地域に大腸ガン・乳ガン・卵巣ガン・前立腺ガンの死亡率が高いこと、また日光によって皮膚で産生されるビタミンDがガン発生を抑える可能性が高いことを明らかにしています。

私たちの身体は血液を介して、栄養や酸素を運び、また老廃物や二酸化炭素を運び出しています。この循環が上手く回ることによって健康が保たれていますが、何んらかの原因で血流が悪くなると、病気が引き起こされやすくなってしまいます。これを改善するカギとなるのが可視総合光線療法。太陽光線と同種の連続スペクトル光によってビタミンDを生産し、身体が必要とする温熱を供給し、温めることで血行改善をはかり、自然治癒力を高めることを促すことにより、ガン発生の抑制が期待できます。

特に重要なのは、血液中の白血球です。白血球には「好中球」「好塩基球」「好酸球」「単球」「リンパ球」といくつか種類があります。身体が太陽光に含まれることによりビタミンDが産生され、このビタミンDが白血球の一種である「単球」に作用し、マクロファージに変身します。マクロファージは、体内に侵入してきた外敵や体内にある老廃物を食べる働きを持っています。そのため、ビタミンDは「天然の抗ガン剤」とも呼ばれています。

とは言え、ビタミンDをサプリメントで摂取しようとすると、量のコントロールがしづらく、高カルシウム血症や腎臓に対する副作用の心配もあります。一方、皮膚で産生されるビタミンDは過剰に作られることはありません。紫外線も含む太陽光線をきちんと浴びることで、身体の免疫力が高まり、ガンなどの症状やガン治療によるつらい副作用を緩和することが期待できます。コウケントー光線治療器は室内で太陽光線と同様な可視光線をを全身に浴びること可能にした人口太陽です。


ガンとコウケントー光線療法の関係

これまでに当院でコウケントー光線治療器を用いて、可視総合光線療法を受けられたガン患者さま

肺ガン、大腸ガン、すい臓ガン、卵巣ガン、胆のうガン、子宮頚ガン、乳ガン、食道ガン、胆管ガン、十二指腸ガン、肝臓ガン、上咽頭ガン、咽頭ガン、喉頭ガン、膀胱ガン、前立腺ガン、悪性リンパ腫、脳腫瘍、胸腺腫瘍、骨肉腫、ガン性胸膜炎、黒色皮膚腫、悪性黒色腫、肝硬変などでお悩みの方とともに闘ってきました。
以下にたんぽぽ鍼灸指圧接骨院で実際にガンの治療・手術前後ケアで通院されコウケントー光線治療器を用いた癌患者様のケースを紹介致します。


56歳 女性

院長からのコメント

55歳で、乳ガンが見つかり、末期で助かる見込みはないと診断。
手術をするかどうか迷っていた時に再発の危険性があると言われたが、意を決しての手術。術後は抗ガン剤治療や、化学治療を受けられました。
副作用による吐き気が続き、食欲不振も強く、頭髪も抜け、背中痛、腰痛、関節や加重がかかる部位の痛みも大きかったようです。
お友達のご紹介でたんぽぽ鍼灸指圧接骨院に来院。
手術の痕と、痛みがひどい腕の機能回復、体調維持を目標に施術を始めました。コウケントー光線療法の継続で、6ヵ月目には吐き気や食欲不振もおさまり、体重が6kg増えたとのことです。背中痛と腰痛も解消されたご様子。何より、抗ガン剤治療を医師との相談の上、中止できたことに「ホッとした」との言葉でした。
今では再発もなく、順調に回復されており、仕事にも復帰されたようです。


56歳 女性

70歳 女性

院長からのコメント

乳ガン、肺ガンで来院されましたが、
再発もみられず、もう3年ほど何も問題ない状態。
手術して5日後に退院。


53歳 男性

院長からのコメント

直腸ガンの手術を受けられました。
人工肛門をつけられ、術後には両下肢の麻痺が始まり、歩行が難しくなられました。リハビリを受けられ、歩行はなんとかできましたが、強いしびれが残り、毎晩、ぐっすり寝られず段々体力も落ち始めていました。主治医からは「一生とれないでしょう」言われた下肢のしびれは、右下肢は膝からつま先まで全体、左下肢はつま先だけが動かない状態でした。
肝臓は、術後もリザーバー治療を続けておられました。
そんなつらい時期にたんぽぽ鍼灸指圧接骨院にご来院。
1ヵ月10回(週2~3回)の通院。開始1ヵ月では、左下肢のしびれは強く残っていました。
しかし、2ヵ月目。右下肢のしびれが、次第に緩み足裏からつま先にかけてのみに改善。
3ヵ月目にはしびれのない日もあり、歩く時にも、違和感が減り、5ヵ月目には走ることもできるようになりました。
4ヵ月目からは、肝機能の数値が良くなり、リザーバー治療は中止されたとお聞きしました。
血行状態が大変良くなり、体温も上昇していることは、毎日の検温と手の温かみで分かるそうです。
※手術の前後にコウケントー光線療法を施すと、特に術後の経過が非常によく、低体温改善・むくみがでにくい・疼痛が軽い、手術痕がきれいになる・体調がよいなどのお話をいただいております。
最終的に体を治すのは、手術でもなく薬でもなく、患者さま自身の中にある力だと感じています。
※施術効果には必ず個人差があります。患者さまそれぞれに対する可視総合光線療法がありますので、どうぞご相談ください。


料金


Aコース

コウケントー光線治療器6台(40分)

6,500円(税込) バスタオル3枚持参で500円引

事前予約で500円引
Bコース
コウケントー光線治療器5台(40分)

指圧マッサージ
スポーツケア
鍼治療
6,500円(税込) バスタオル3枚持参で500円引

事前予約で500円引