コウケントー光線治療を始めて調子が悪くなることってありますか?⇐ジャンピング現象(造語💦)

たんぽぽの臨床現場で光線治療を行っていて、例えば痛みの光線治療で痛みが強くなったり、内臓の光線治療で一時的に血液検査の数値が悪くなったり、眠れなくなったり、便通が悪くなったり、腫瘍マーカーが上がったり色々ありますが、あくまで一過性に今までの体調と違うことが起きる場合があります。

これは、たんぽぽではジャンピング現象なんて勝手に言っているのですが、一旦グッと下がってから⤵、体調が上がる⤴ことを言います。

これは、長い間の生活習慣などが原因なんですが、その生活習慣や体の不調などは体に無理がかかった状況なのに、脳はそれが長い間にかけて正常と思い込んでしまったわけです。

光線照射を行うと、いやいや、その生活習慣は異常で治す必要があるんですと、脳に再教育すると脳が一時的に混乱します。

光線照射は、まずは自律神経系、免疫系、内分泌系に働きかけるので、異常を正常に取り戻そうとしますから、脳が混乱して、身体の調子が一時的に乱れてしまうことがあります。

では、こういう時はどうすればいいのかというと、やり続けることなんです。それも週に1回とかではなくて、毎日光線治療をされた方がいいです。

照射部位は、両足裏部・両膝部・腹部・腰部・後頭部または左右咽喉部の基本照射(各5分間)だけでいいです。

治療カーボンは3001-5000番、3002-5000番、3000-5000番などを使います。

光線治療を行って、身体に変化をつけている間は、できれば寝る時間を1時間でも増やす努力をする、仕事や家事も適当なところで切り上げるなどして、ゆっくり生活を送ってください。

3ヵ月間は様子を見てください。

身体の調子が徐々に上がっていきますから(*^_^*)



身体のだるさは、コウケントー光線照射6台同時照射で、だるさ一発解消

だるさの原因は色々ですが、基本は身体の疲れと頭の疲れの両方です。

だるさが続くと、便秘・冷え・慢性疲労・頭痛・頭が冴えない・寝付きが悪い・食欲不振だけれども間食はするなどの自律神経症状が出てきます。

まずは自律神経にアプローチする光線照射↓


次に6台~8台の光線治療器を使った全身同時照射↓



光と深部熱が自律神経や内臓機能に働きかけをして、代謝をしっかりと高めて、あえて汗をよく出す光線照射を行っていきます↓


光線治療のあとは、こわばった筋肉をよくほぐして、血液・リンパの流れを良くします↓



光線とリンパマッサージなどを併用することで、その日の夜からぐっすり眠れるようになり、だるさを無くしていきます。

コウケントー光線治療、癌ケアはどの段階でもできる限り当ててください。

癌予防には1次予防から4次予防までありますが、どの段階でも出来るだけ当てることが大切です。

1次予防ー病気にならないように健康管理を行う。普段からよく光線照射を行ってください。

2次予防ー早期発見、早期治療。治療後の再発予防に光線治療を取り入れてください。

3次予防ー手術・抗ガン剤治療・放射線治療・ホルモン療法などの病院治療と併用して再発・転移の目的に光線治療を行ってください。

4次予防ー転移・延命などの体力管理と痛みや苦痛の軽減目的などのために光線治療を行ってください。

基本は1000-4008番や1000-5000番や1000-3001番などを使いますが、体力の程度によって3001-4008番でもいいですし、3000-5000番を使ってもいいです。

基本照射プラス患部照射を1セットとして、1日1セット~3セットを行うといいでしょう。


U・Kさん72歳女性、慢性膵炎のコウケントー光線治療とフルーツのススメ

たんぽぽのマッサージに長年来て下さっているU・Kさん。

なかなか背中の痛みが取れないので、試しに光線を背中の痛み部分に当ててみたら何となく軽くなった気がしたので、それ以来1年間(週に1回)継続中です。

慢性の肝臓や胃などは野菜をしっかりと取り入れた食生活を心掛けますが、膵臓は野菜はもちろん良いですが、果物も食べると良いですよ。

慢性膵炎は3001-5000番、3001-4008番、3001-1000番などを使いますが、たんぽぽは場合によって1000-4008番も使うことがあります。

U・Kさんは、1000-3001番を使って両足裏部・両足首部(足が冷えると言うので)・両膝部・腹部・膵臓部(2号集光器)・腰部・背正中部・後頭部・左右咽喉部を合計60分間照射。

1年後の現在は、数値は安定して、体力がついてゴルフを満喫中です。

膵臓などの患部の照射は2号集光器を使います↓


犬・猫などの小動物の癌にも1000-4008番です。

ペットのコウケントー光線治療のご相談が増えています。

たんぽぽに光線治療を受けに見える動物病院の先生に色々とお話しを聞く機会がありまして、食べ物の栄養価が高くなり長生きをするようになったので癌は増えていますと言われました。

犬・猫などの癌は手術もするし、抗ガン剤治療もするし、人間と同じですよと言われます。

動物病院の先生は、光線愛好家で、動物の腰椎椎間板ヘルニアや関節の痛みにコウケントー光線治療を積極的に活用されています。

動物の痛みには3001-4008番、癌ケアには1000-4008番を使うと緩和すると言います。

動物の光線照射では、お腹側や背中側など体長に合わせて集光器なしで当てたり、1号集光器で当てたりします。

患部照射のときは、フサフサした毛をヘアピンでとめて皮膚を少しでも露出して当てる場合もあります。

出来る限りたっぷり、しっかりと当ててあげてください。



高齢(80代~90代)の方の腰痛・ぎっくり腰のコウケントー光線治療方法

 高齢の親を持つ方から、光線治療方法のお問い合わせを多く受けます。
                                                                                   高齢の方の光線治療は、基本的に照射部位を少なくして、照射時間も体力に応じて短くします。

腰痛であれば、両足裏部と腰部(←あえて1号集光器を使います)または腰部だけ当てます。

膝痛であれば、両足裏部と両膝部(←あえて1号集光器を使います)または両膝部だけ当てます。

その他の部位も同様に、両足裏部と痛い所の2か所だけを当てます。

治療用カーボンは3001-5000番、3001-4008番を使います。

痛みの度合いが強いほど、照射中に痛みが増してきますので、1回の照射時間は20分間~30分間です。

これを朝・昼・晩(1日3回)または朝・晩(1日2回)を行ってください。

ハッキリ言って、なかなか治りづらいですので、1ヵ月間は様子をみて当てることです。

必ず、楽になりますよ。



N・Yさん76歳男性の歯槽膿漏のコウケントー光線治療

歯科医院に通院しながら、歯槽膿漏の治療にコウケントー光線治療を併用したいとたんぽぽに来院。

歯ぐきの痛み、歯の動揺、出血しやすいなどの症状があり、なかなか改善しないようです。

歯槽膿漏だけではなく、すべての光線治療を行う上で知って欲しいことは、1つ。

身体は全部で1つです。頭のてっぺんからつま先まで、まんべんなく血液をよく促すことが大切です。

とくに口の中は血行が悪く、年齢と共に唾液の分泌も減っていきますので、口腔衛生上、悪くなるばかりです。

さて、光線治療ですが、カーボンは3001-5000番や3001-4008番を使います。

両足裏部・両足首部(←下半身の血流をより強くする)・両膝部・ふくらはぎ部(←下半身の血流をより強くする)・腹部・腰部・後頭部・左右咽喉部・左右ほっぺ・口の中(3号集光器使用)を合計60分間照射。

気になる1つの悪い部分を良くするのに、こんなにも当てる部位があると大変です💦

でも当てるんです!

N・Yさんは試しに6台同時照射を行ってからは、その良さに気づき、月に1回、通院治療をすることにしました。

ご自宅では上記の部位を1日に3回に分けて照射。

治療半年後、少し硬い物をかじることができたと嬉しいそうに報告してくれました。

治療1年後、歯茎の痛み、動揺、出血が非常に少なくなり、歯医者さんも驚いていたそうです。

現在も自宅治療と通院治療を併用して、光線治療を継続中です。




I・Yさん60歳、T・Y君15歳男子他、寒暖差による喘息にコウケントー光線治療

喘息には、3000-5000番をよく用いますが、これはアレルギー反応を抑えて炎症を鎮めるためです。

紫外線を多く含む3000番ですが、紫外線照射によって皮膚でビタミンDを作り、ビタミンDが免疫に働きかけをして感染やアレルギー反応や自己免疫を整えるからです。

3000-5000番と同じ効果を持つカーボンは5002-5002番があります。

これらのカーボンを使って、両足裏部・両足首部・両膝部は各10~20分間は当てましょう。(息切れや下半身の冷えが強い場合は30分間程度多めに当てること)

それから腰部5分間、背正中部5分間、左右咽喉部各5分間当てます。




光線照射によって呼吸筋がほぐれて、呼吸が楽になり、1回~3回で症状が楽になっていきます。

喘息の症状がなかなかとれない場合は、両足裏部・両足首部・両膝部・背正中部の4ヶ所を3001-4008番を使って4台同時に40分間照射することもあります。

コロナ禍で増えている「足の梗塞」にコウケントー光線治療

脳梗塞、心筋梗塞は皆さんも知っていますと思います。

コロナ禍では、最近、足の梗塞が増えているのをご存知ですか。

足の血流が悪くなると、下肢静脈瘤、下肢閉塞性動脈硬化症、エコノミー症候群などがありますが、これらの病気が増えています。

コロナになる以前よりも、断然コロナ禍の現在は、外出を控えている方が多いと思います。

不要不急の外出はしないでというので、外に出て歩く習慣や運動をする習慣が極端に減ってしまい、足の血液循環が歩くなり、足の梗塞が増えています。

これから気候が良くなっていきます。天気のいい日は、積極的に外に出て、近所だけでもいいですから、お散歩を楽しみましょう(^-^)

2000歩、3000歩(15分~20分程度の距離)で十分ですから、歩きましょう!

そして日光浴や外気浴を楽しみましょう。

心身のリフレッシュをしてください。

同時にご自宅では、両足裏部だけでもいいので、光線治療を行ってください。

治療用カーボン3001-4008番、3000-5000番、3002-5000番など、どれでもOKですから両足裏部に30分間程度照射しましょう。

できれば1日2回です!



心臓から一番遠い両足裏部を光線照射するだけでも、全身の血液循環を良好にします。

S・Jさん77歳女性、大腸癌抗ガン剤治療中に爪が剥がれた時のコウケントー光線治療

抗がん剤治療によって足の血液循環が悪くなり、爪がはがれてしまいました↓


歩行も痛みでままならず、大腸癌ケアと同時に爪の光線治療を併用することにしました。

癌ケアは1000-4008番を使って、両足裏部・両膝部・ふくらはぎ部・左右下腹部・腹部・腰部・背正中部・後頭部・左右咽喉部を照射。

次に、爪が剥がれた部分は3001-3002番に変更して、まずは両足首部を大きく当てます↓


大きく当てた後は小さく当てます↓


患部の光線治療は、大きく当てて(集光器なし)、小さく当てる(1号・2号・3号集光器使用)と効果的です。