Y・Rさん47歳女性の尿失禁のコウケントー光線治療

横断歩道を小走りしたら、尿漏れをしたそうです。

それ以前にも、度々尿失禁があり、親戚に紹介されてたんぽぽへ。

膀胱炎も年に3~4回くらいあり、急に老化が始まったと本人は嘆いていました。

足の冷えがあると言うので触診したら、ま~なんてふくらはぎがカチカチのコチコチ。

子供さん(中学と高校)の学校の役員をされていて、いつも忙しそうにしています。

治療用カーボンは、3001-4008番を使って、まずは左右咽喉部(←自律神経にとっても良い)と両足裏部をよく温めます。

それからまたまた両足裏部・両足首部・両膝部・ふくらはぎ部・左右下腹部・お尻(陰部をめがけて)・腰部・背正中部・後頭部を6台の光線治療器で順番に光線照射を合計40分間。

通院治療は、週に1回必ず来てもらいました。

3回目から汗が出るようになり、体が温かく感じられ、朝まで熟睡。

治療10回目で、尿失禁はとりあえず治まったので、現在は月に2回の通院治療に変更。

ふくらはぎは、信じられないくらいに、ふにゃふにゃになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です