Y・Kさん38歳女性、出産回数3回で足のむくみがひどく、コウケントー光線治療をはじめる。

Y・Kさんの母親も出産経験が3回あり、50歳を過ぎたころに、下肢静脈瘤の手術を左右の足に行った経験あり。

自分もそうなるんじゃないかと心配で、また肩こりと首こりがひどく、たんぽぽの光線治療と指圧を希望して来院。

むくみには、3002番がとても良く効きます。なので3002-4008番を使って、両足裏部・両足首部・両膝部・両ふくらはぎ部・腰部・腹部・後頭部・左右咽喉部を合計45分間照射。

光線治療後に、全身を約15分ほど指圧します。

(↑指圧や鍼治療などを併用する場合には、必ず光線治療を行ってから。)

月に2回の通院治療を1年間継続。

いわゆる、下半身太りだったのが、1年間の光線治療で、独身時代と同じくらいの細い足になりました。

太ももは、-5cm、ふくらはぎは、-3cmになり、足が細く、軽くなり、スカートをはいても恥ずかしくない体型になったと喜んでいます。

現在も、肩こり・首コリとむくみ予防で、月に2回の通院治療を継続中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です