S・Sさん50歳男性の網膜剝離治療中のコウケントー光線治療

左目の網膜剝離で視力が0になった方が、今後3回に分けて手術をする予定なのでコウケントー光線治療で治療効果を上げたいと母親の紹介で来院。

先日、1回目の手術が終わりましたが、術前に10回の全身光線をしました。

退院後、2回目の手術に備えて週1回の光線治療を継続中ですが、視力は0➡0.2に回復されて両目で見える幸せを感じています。

コウケントー光線治療は、どんな状況に会っても照射して大丈夫です。

網膜剝離治療中の光線治療は、両足裏部・両膝部・腹部・腰部・肝臓部(2号集光器)・後頭部(1号集光器)・左右咽喉部(2号集光器)・左右こめかみ部(2号集光器)を合計45分間照射。

治療用カーボンは3001-4008番を使っています。

あと2回の網膜剝離の手術が上手く行くように、とにかく血流を良くしておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です