M・Yさん78歳男性、足にできた皮膚病変のコウケントー光線治療



皮膚にできた静脈血栓症で、湿疹様皮膚炎を起こしてしまい、病院の治療とと共に、光線治療を希望してたんぽぽに来院。

痒みがあり、掻くと傷ができて、治りにくくなります。

ここまで皮膚がやられてしまうと、どうしたらいいでしょう?

皮膚には3001-3002番だー!と思いがちですが、このケースでは使いません。

えーっと、皮膚の状態がひどい場合(潰瘍、床ずれ、色素沈着、むくみ、湿疹が広範囲など)は、3001-4008番の登場です。

または3002-4008番、1000-3001番を使うこともあります。

M・Yさんの場合は、3001-4008番を使い、週に2回の通院治療と自宅治療を毎日、3ヵ月間行い、キレイな皮膚に戻りました。

下肢静脈瘤などの血行障害は、なるべく早めに光線治療を行い、しっかりと予防することが大切です。

光線治療方法は、足だけでなく、全身光線を行い、全身の血流を良くすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です