スポーツケア(肘・膝・腰等の痛み)や捻挫・打撲など外傷のコウケントー光線治療

スポーツを頑張っている学生さんは、体を酷使している分だけ、負担のかかる体のあちこちに痛みが出ます。

スポーツをすると、筋肉、靭帯、筋肉の腱などに疲労が溜まり、小さな炎症や障害の蓄積によってある日、突然痛みが出現します。

筋肉をこわばらせたままでいると、オスグッド病、野球肘、テニス肘、鵞足筋炎、野球肩などあらゆるスポーツ障害が必ず出ます。

ストレッチだけでは追い付かない場合もあります。

毎日のスポーツで起こる小さな炎症や障害をその日のうちに解消することが大切です。

また、カチカチになった筋肉をほぐさないでいると、いわゆるスポーツ障害が出て、軟骨や骨に異常をきたして、手術するケースもあります。

余分な手術をできるだけ避けるために、光線治療とマッサージを毎日行う必要があります。

まず、外傷(捻挫や打撲など)はその日から光線を照射して大丈夫ですから、しっかり当てます↓




炎症や腫れが強く出ていますが、初日や2日目はとくに、患部に対して2時間~3時間光線照射を行います。

光線を当てていると、ズキズキ、チクチクと痛みが強くなりますが、当てます。

3日目からは1時間光線照射を行い、そして患部以外のまわりの筋肉を徹底的に柔らかくしていきます。

なぜなら、例えば、捻挫などで足首をかばって歩くと、両足に不自然に力が入り、今度は膝や太ももなどの別の場所に痛みが出るのを予防するためです。



光線療法もマッサージなどの施術も、必ず、患側(ケガをしている側)だけを治療せず、健側(ケガをしていない側)もしっかりと治療することが大切です。

スポーツケアのご相談はいつでもメールで承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせが多い脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアの光線照射方法

腰部のどんな痛み(病院ではリハビリや湿布のみの場合)を楽にするには、痛みのある腰部をとにかく当てることです。

1回の照射時間は40分間~1時間です。これを可能な限り、1日1回~3回行いましょう。

治療用カーボンは3001-4008番、1000-3001番、さらに1000-4008番を使う場合もあります。

照射部位は下半身と腰部ですが、自宅では足にしびれや違和感のある部位をよく当ててから腰部の照射を行います。

たんぽぽでは両足裏部・両足首部・両膝部・ふくらはぎ部・腰部を同時に光線照射します。↓


また腰部の状態を診て、マッサージ、オイルマッサージ、鍼治療を併用し、腰回りのカチカチになった筋肉を少しずつ柔らかくしていくと、4回~5回目くらいで、痛みは楽になっていきます。

スッキリしない痛みの解消は、いつでもたんぽぽまでご相談くださいね。

マスクをかけっぱなしで耳の後ろが化膿したり、皮膚が擦れて痛いときの光線治療方法

マスクのかけっぱなしで、耳の後ろがマスクのひもで擦れて、出血したり、化膿したりしていませんか。

そういうときでも、光線治療を大いに活躍させてください。

照射方法は、左右咽喉部より少し上の部分を当てるだけでOKです。こんな感じ↓


治療用カーボンは3001-5000番、3001-4008番を使って、2号集光器で光線照射を30~40分間です。

えッ!耳の裏部に直接当てないんですか?

はい、当てなくても左右咽喉部の少し上をめがけて当てるだけで、耳の皮膚はキレイになります。

治っても、週に1~2回は予防的に左右咽喉部の少し上を当てていると、耳裏部の皮膚が強くなります。

I・Kさん50歳男性、骨折後ケアのコウケントー光線治療




骨折部分が癒合して、金具を取り外してからの痛みと腫れが強く、光線治療を受けに来院。

足裏部と痛む部位の2か所を光線照射60分間。

治療用カーボンは1000-3001番です。

光線治療を5回行って終了。

皮膚潰瘍(床ずれ)、火傷、手術痕などのコウケントー光線治療

切り傷、火傷、床ずれ、手術痕は、出来るだけ早期に可視総合光線を取り入れて、積極的に全身と患部を当てることで、血液循環を活性化させて細胞の再生を促さなければいけません。

傷口の治癒は、コウケントー光線治療の光と熱エネルギーである近赤外線による深部温熱効果で血行を良くし、可視線と紫外線による細胞の再生と増殖を活発化させて、傷口の治癒を早めます。






傷、火傷、手術痕、床ずれなど皮膚再生の治療用カーボンは、3001-5000番、3001-4008番、3001-3002番、1000-3001番などです。

まずは、患部以外の両足裏部・両足首部・両膝部・腹部・腰部を当ててから、患部を1号または2号集光器で20~30分間照射。毎日行います。

傷の程度によっては、1回の照射を1時間~2時間、または1回1時間を1日に2回~3回行います。

H・Sさん74歳女性、脳動脈瘤術後のコウケントー光線治療


額の生え際に沿って長く傷口がありますが、術後1ヵ月です。

傷口がズキンズキンと痛む、頭重感、頭がボーっとすることがある、両目が腫れているなどの症状緩和に光線治療を受けに見えました。

患部の頭部に光線照射を行うと、頭重感などの症状が強くなることがありますから、頭部の術後は首から下をよく当てることが大切です。

治療用カーボンは3001-5000番を使って、両足裏部・両足首部・両膝部・ふくらはぎ部・腹部・腰部の6ヶ所をよく当てます。

6台同時照射で40分間。これを4~5回続けます。

6回目からは、上記の部位に後頭部5分間、左右咽喉部各5分間、傷口5分間を追加照射します。

治療8回目から、目の腫れが引いて、まぶたが元のように開くことができ、頭重感がなくなり、傷口の痛みは解消しました。

余談ですが、傷口は場合によっては、ケロイド状になることもあります。

傷口を綺麗にするカーボンは、3001-3002番、3001-5000番、3002-3002番などを使います。

リウマチの指の痛み、へバーデン結節の痛み腫れ、突き指、膝・肘のコウケントー光線治療

痛みには、3001-4008番を主に使います。

たんぽぽの臨床現場では、リウマチによる指の痛み、へバーデン結節、変形性膝関節症、肘の痛みには3000-5000番も使います。

3000番は紫外線を多く含むカーボンですが、紫外線のメリットは数日間も血管を拡張し続けて、血流を良くして代謝を高めてくれます。

日焼けをした時に、数日間も皮膚がヒリヒリするのは、皮下血管の拡張している証拠です。




3001-4008番を用いても、手の指、手首、肘部、膝部などの関節の痛みが引かないときは、3000-5000番を使って見てください。

痛みと腫れに良い効果を発揮することがあります。

W・Dさん67歳男性、A・Tさん71歳男性他、脊柱管狭窄症手術後に痛みが再発した時のコウケントー光線治療

年齢と共に背骨が変形をして脊柱管狭窄症などの病気を引き起こすことはよくあります。

ひどい痛み、耐えられない痛みは病院治療を受けて症状の軽減を図ることが大切ですが、もっと大切なことは手術後の再発予防です。

今までに脊柱管狭窄症の術後に痛みが再発して、たんぽぽに来院された数多くの患者さんのお話を聞きますと、2度目の手術を勧められることが多く、中にはもうこれ以上の手術はしたくない方が多数です。

数名の方は、2回目の手術後にさらに上の背骨が狭窄を起こして、3度目の手術を勧められた方もいました。

では、脊柱管狭窄症手術後のケアはたんぽぽ光線治療でどのように行っていくのかを説明します。

脊椎疾患は、ほとんどの方で足の冷えとしびれと痛みを持っています。腰椎の神経が圧迫されているからと筋肉の過緊張で血管が細くなり、血流が悪くなっているからです。

なぜそうなるかというと、腰背部の筋肉がカチカチになっているから、冷え、痛み、しびれを引き起こします。

皆さんも、ご自身の腰背部を触ってもらって柔らかい方はいないと思います。

鉄板のように硬くなってしまった腰背部の筋肉を柔らかくするだけで、足の冷え、腰の痛み、足のしびれの症状は相当軽減します。

治療用カーボンは3001-4008番、1000-4001番、1000-4008番などをたんぽぽは使います。

照射部位は両足裏部・両足首部・両膝部・ふくらはぎ部・後大腿部・腰部・腰上部・背正中部を6台の光線治療器を使って、同時に照射していきます。

光線照射後は、両足と腰背部の硬くなった筋肉を15分程度ほぐします。

光線治療10回くらいで何となく、楽になります。1年(軽度)~2年(重度)の継続治療ですっかり良くなる方が殆どです。




ヘバーデン結節、リウマチによる関節痛のコウケントー光線カーボン


通常、関節の痛みは3001-4008番を使うことが多いですが、それ以外にも3000-5000番を使うこともあります。




3000番は紫外線を含むカーボンですが、紫外線AまたはBは皮下の血管を拡げて血流をより多くさせる作用が強いため、関節の痛みを長く抑えることができます。




とくに、指の痛みにはとても効果があり、手のひらと手の甲を全体に20分~30分照射を行うことで、痛みを取り除いてくれます。







W・Aさん70歳女性、指、足首のリウマチの痛みにコウケントー光線治療

どのお薬も体質に合わないらしく、足つぼマッサージの先生からのご紹介でたんぽぽに来院されたW・Aさん。

手の指、手首、足首、膝の痛みがあり、歩行もゆっくりなら杖なしで可能です。

下半身の冷えが強く、お風呂に温まるまで浸かろうと思うようですが、その前にのぼせてしまうらしい。

はじめて光線治療を行う場合は、とくに自己免疫疾患では、様子を見るために弱い光だけを当てる方法を取ります。

3001-3001番を使って、両足裏部・両足首部・両膝部・ふくらはぎ部・後大腿部・腰部は下半身照射のテッパンです。

下半身の痛み、むくみ、冷え、足の重だるさ、静脈瘤の血行障害などはすべて、上記の部位(6ヶ所)をよく当てます。↓



手の指、手首は集光器なしで大きく当てる場合があります。例えば人差し指だけ痛いときも、全部の指が当たるように手のひらと手の甲の両方をよく当てます。↓



W・Aさんにはじめて光線照射をしたときは、10分おきに声掛けをしながら様子をみていました。

光線照射を合計40分間しましたが、とってもよく体が温まり、こんなに体がポカポカした経験はありませんし、指、手首、足首の痛みが軽減して、歩くのがすっごく楽ですと喜んでくれました。

光線治療3回目のとき、いつも左肩が下がっているのが、左右の肩が水平になっていると驚かれました。

腰背部の筋肉が柔らかく、ほぐれてくると、肩の高さが水平になります。

これも、光線治療効果で、筋緊張が和らいでいる証拠です。

現在は、週に1回の通院治療を継続中です。