癌手術前と癌手術後のコウケントー光線治療

これから癌の手術をされる方のコウケントー光線治療方法は、全身光線のみをしっかりと行ってください。

どの癌であっても同じです。

治療用カーボンは1000-4008番を使います。

照射部位は、両足裏部・両足首部・両膝部・ふくらはぎ部・腹部・腰部・後頭部・左右咽喉部です。

これを各部位10分~30分当てます。

各部位を30分ずつ当てるとしたら、4時間かかります。それでも1日かけて当ててください。

手術の直前まで当ててください。

そして無事に手術を終えて退院されたら、術後の体力や全身状態を考慮して、はじめの1週間は3001-4008番を使って、上記の照射部位を各5分~10分のみ照射。

体力が戻ってきましたら、1000-4008番に変更して、全身照射(各10分~30分)+患部照射(10分~20分)。

たんぽぽは何度でも言いますが、肉を食べて体力を付けることが大切です。

玄米よりも白米です。

お菓子などの間食もOKです。

体重を増やす努力を行ってください。

なぜなら、術後に抗ガン剤治療を行う場合もあります。

癌治療は、体力が勝負です。

可能な方は、月に1回でも通院治療を加えてください。

全身6台同時照射は、より光線治療の効果を高めるからです。↓


F・Rさん67歳女性、大腸癌・膀胱癌術後にストーマをしていますがコウケントー光線治療は大丈夫ですか?

人口肛門や人口膀胱などストーマをされている状態で光線照射を行っても何ら問題はありません。

ただし、光線治療器は照射中、熱くなっていますので、ストーマに接触しないように気をつけてください。

現在、たんぽぽでは、人工肛門のストーマをつけての光線治療をされている方は3人みえます。

その内のF・Rさんは、大腸癌と膀胱癌を患い、両方のストーマを付けながら光線治療を行っています。

全身を同時に6台照射を行うと気持ちがいいと言われ、下腹部の不快感が軽減して喜んでみえます。

彼女は週に1回の通院治療と自宅治療を併用して、抗ガン剤治療を頑張っている最中です。

治療用カーボンは1000-4008番を使って、両足裏部・両足首部(←足のしびれ予防になる)・両膝部・ふくらはぎ部・左右下腹部・腹部・腰部・後頭部・左右咽喉部を合計60分間照射。

コウケントー光線治療、癌ケアはどの段階でもできる限り当ててください。

癌予防には1次予防から4次予防までありますが、どの段階でも出来るだけ当てることが大切です。

1次予防ー病気にならないように健康管理を行う。普段からよく光線照射を行ってください。

2次予防ー早期発見、早期治療。治療後の再発予防に光線治療を取り入れてください。

3次予防ー手術・抗ガン剤治療・放射線治療・ホルモン療法などの病院治療と併用して再発・転移の目的に光線治療を行ってください。

4次予防ー転移・延命などの体力管理と痛みや苦痛の軽減目的などのために光線治療を行ってください。

基本は1000-4008番や1000-5000番や1000-3001番などを使いますが、体力の程度によって3001-4008番でもいいですし、3000-5000番を使ってもいいです。

基本照射プラス患部照射を1セットとして、1日1セット~3セットを行うといいでしょう。


S・Jさん77歳女性、大腸癌抗ガン剤治療中に爪が剥がれた時のコウケントー光線治療

抗がん剤治療によって足の血液循環が悪くなり、爪がはがれてしまいました↓


歩行も痛みでままならず、大腸癌ケアと同時に爪の光線治療を併用することにしました。

癌ケアは1000-4008番を使って、両足裏部・両膝部・ふくらはぎ部・左右下腹部・腹部・腰部・背正中部・後頭部・左右咽喉部を照射。

次に、爪が剥がれた部分は3001-3002番に変更して、まずは両足首部を大きく当てます↓


大きく当てた後は小さく当てます↓


患部の光線治療は、大きく当てて(集光器なし)、小さく当てる(1号・2号・3号集光器使用)と効果的です。

コウケントーカーボン1000番は良く消えます。でも使った方がいいですか。

1000番は光線照射中によく消えますね(;^ω^)

また燃える速度も他のカーボンよりも早く、例えば1000-4008番の組み合わせで、照射後のそれぞれのカーボンの長さに差が出ます。

1000番の特徴は、やっぱり光と熱がとても強いことです。

光と熱を強く出すには、粒子が大きくないといけないのです。

炎が粒子に燃え移る時に上手く繋がらないと、消えてしまうわけです。

1000番は良く消えますが、面倒くさがらずに、その都度、付け直してください(-_-;)

ちなみに、1000番は赤外線、可視線、紫外線の光量と熱量が他のカーボンの約2倍です。

なのでとてもよく効きますから、癌ケアなどに用いてください。



短くなった1000番や4008番の長さの違うカーボンは、たんぽぽ先生用に1000-1000番、4008-4008番(←あくまでもったいないから💦)で健康管理に、仕事終わりに一人寂しく当てています( ;∀;)

悪性腫瘍は1000-4008番ですが、良性腫瘍は何番のコウケントーカーボンを使いますか。

子宮や大腸や胃などの検査で、良性腫瘍だったときは、これから癌化しないように予防でコウケントー光線治療をする時のカーボン組み合わせは?

答えは、悪性腫瘍と同じカーボンを使います。

1000-4008番、1000-5000番、1000-3001番などです。

また、良性腫瘍によって子宮などに痛みを伴う場合は、3001-4008番、1000-3001番などを使います。

痛みを鎮静化するには、痛みのある部位に1号集光器または2号集光器を使って、出来るだけ長く当てる(30分~1時間程度)こともあります。

光線照射中に痛みが強くなる場合は、そのまま継続して当てて様子を見るときと、止める場合があります。

いずれにしても、普段からよく光線を当てることが大切です。

光線照射によって得られたビタミンDの血中濃度が高ければ高いほど、癌リスクは低下します。


Y・Hさん72歳女性、乳癌抗ガン剤治療後に胸がカチカチ鉄板のようになった時のコウケントー光線治療

Y・Hさんは抗ガン剤治療後、患部の胸が鉄板のようにカチカチになりました。

担当医の先生は、「コリ」と言われたそうです。

こういう症例は他にもありまして、乳房全摘手術と放射線治療後に患部がカチカチにこわばることもあります。

皮膚の突っ張り感が強くなったものですが、腕を上げる時の障害になったりもします。

では光線治療の照射方法ですが、コリやツッパリ感などは、1000-3002番、1000-3001番などを使います。

照射部位は、両足裏部・両足首部・両膝部・ふくらはぎ部・腹部・腰部・肩甲骨部(←患部の裏側)・後頭部・左右咽喉部です。

とくに患部裏側の肩甲骨部をよく照射します↓


光線照射後に軽く背面部をマッサージします。

Y・Hさんの場合は、1年後に胸のカチカチ感は消失しました。

手術後などで皮膚がこわばっているときも、患部裏側の肩甲骨部に光線照射をよく行い、背面部全体をマッサージするといいでしょう↓

K・Nさん72歳乳癌、肺癌で抗ガン剤治療中、白血球が500まで下がったのですが、光線治療は継続して大丈夫?

抗ガン剤治療などで白血球数が3000よりも少なくなることはあります。

病院では白血球を増やす薬や注射などを処方しますが、コウケントー光線治療はそのまま継続します。

治療用カーボンは1000-4008番など今まで通りの組み合わせで大丈夫です。

癌ケアの光線治療は、基本照射をよく行い、出来るだけたっぷりの光線を体いっぱいで当ててください。

とくに左右咽喉部、顔面部(鼻・眼・のど)などの粘膜照射は、粘膜の血流を良くして感染予防に役立ちます。

そして、患部の照射(直接照射)を行います。

癌治療中で、白血球数が少なくなったときこそ、体力や全身状態に応じて光線治療を朝、昼、晩と当てるといいでしょう。







乳癌の放射線治療前と治療後の肌を見てください。

放射線治療前の肌↓


放射線治療後の肌↓


放射線治療によって、肌が赤くただれることもあります。

できるだけ肌の状態を良く保つために、放射線治療前・治療中・治療後と毎日しっかりと光線照射を行います。

彼女は、主治医の先生から、「通常は肌が赤く腫れたり、ただれたりすることもありますが、キレイですね」とほめられたそうです。

放射線治療25回を行いましたが、光線照射は合計50回当てました。

治療用カーボンは3001-3002番を使って、患部照射時間は1ヶ所20分間。

抗ガン剤治療を最後までやり通すためのコウケントー光線治療とお肉を食べること

たんぽぽには現在、癌ケアの光線治療で60名以上の患者さんがお見えになっています。

その中には、現在、抗ガン剤治療中の方も多く来院されています。

抗ガン剤治療中のコウケントー光線治療の目的は、光線照射によってどんなに小さい血管や幽霊血管にも血液を流し通すので、薬剤が患部にしっかりと行き届き病院治療の効果を高めます。

抗ガン剤治療によって弱った肝臓や腎臓により多くの血液を流して、栄養や酸素を送り込み、弱った機能を回復させます。

そして、お肉(←牛肉、豚肉、鶏肉など何でもいい)のタンパク質の中にアルブミンが多く含まれています。

このアルブミンを出来るだけ多く食べることです。

アルブミンは、抗ガン剤の薬剤と強く結びついて体外に排泄してくれます。(←通常は水分と結びつく)

余分な薬剤が体外に排出されることで、副作用である口内炎、皮膚潰瘍、脱毛、胃腸障害、食欲不振、倦怠感(だるさ)などを解消してくれますし、体力がついてきます。

癌治療中は、玄米菜食などは控えた方がいいと思います。(←やせて体力がなくなってしまいます)

癌ケアの光線治療は、内臓(とくに肝臓や腎臓の強化)の機能を維持しながら、患部の治療をするといいでしょう。

治療用カーボン3001-4008番、1000-5000番、1000-4008番などを使って、両足裏部・両足首部・両膝部・ふくらはぎ部・腹部・腰部・背正中部・後頭部・左右咽喉部、そして患部の照射です。