卵巣のう腫に可視総合光線療法

光線研究 第490号
卵巣のう腫 33歳 女性
30歳頃から生理時の左下腹部痛が次第に強くなる。左下腹部痛の圧迫感と不正出血のため婦人科を受診し、子宮内膜症によるチョコレートのう腫と診断される。
3カ月間ホルモン治療を受けたが変化がなく、手術を勧められた。以前卵巣のう腫を光線療法で完治させた姉の紹介で光線研究所附属診療所を受診した。
光線治療:3001-4008番
照射部位:両足裏部・腰部・左下腹部各10分間、両足首部・両膝部・右下腹部各5分間。

自宅で毎日光線治療を行う。治療1カ月後、左下腹部の張りと痛みで困難だた仰向け姿勢が楽に出来るようになる。治療3カ月目で、6cmの卵巣のう腫が4cmに縮小し、1日おきの排便も毎日楽に出るようになる。
夏でも靴下が離せない程の冷え性が改善し、睡眠も深くなる。症状は解消したが、完治にむけ治療を継続している。
光線療法のご相談はこちらよりお問い合わせ下さい。
光線療法の動画はこちらよりご覧ください。

尿管結石の可視総合光線療法、強力な異物排泄作用と利尿作用。

光線研究 第490号
◎尿管結石
結石が尿管にひっかかり尿管壁の筋肉がけいれんを起こし、突然脇腹から背中にかけて激痛が起こります。
多くは激しい痛みが周期的に生ずる疝痛発作として現れます。しばらくすると寛解しますが、とても我慢できない痛みです。
光線療法には、強力な異物排泄作用と利尿作用があり、結石の排泄を促進します。また、結石の90%は各種カルシウム化合物を含有していますが、光線療法はカルシウム代謝を是正するので、再発予防にも利用できます。
尿管結石 25歳 男性
突然右下腹部に激痛と血尿が現れた。病院で検査を受け右尿管結石と診断された。3カ月後にも激しい痛みが出たため、友人の紹介で光線研究所附属診療所を受診した。
治療用カーボン:3002-5000番
照射部位:両足裏部・腰部各20分間、両膝部・左下腹部各5分間、右下腹部・右腎臓部各20分間照射。

痛みに対して右下腹部を1日2~3回照射した結果、3週間のうちに数個の結石が痛みもなく排出した。その後4年間、痛みの再発は全くない。
光線療法のご相談はこちらよりお願いいたします(^。^)
光線療法の動画はこちらよりご覧ください。

お問い合わせを頂きました体臭の光線療法

たんぽぽのくさかべです。いつもブログをご覧くださりありがとうございます。
これから夏に向けて汗をかくことが増えてきます。体臭が増えて気になる方が多くお問い合わせを頂きます。
光線照射をする際のポイントですが、
光線器を肌に近づけ過ぎない事。肌が荒れたり、 皮疹が出ることがあり、また焦げたニオイを起こ すことがあります。
40cmくらい離して照射し、気持ちの良い熱さをキープし、光化学作用を期待すること。光線療法の紫外線が原因物質を化学的に分解し無毒化する。
気になる部分だけを照射せず、両足裏部・両膝部・腹部・腰部・後頭部・左右咽喉部など、身体全体の血流を改善し、代謝を高め、体温を上げ、細かい粒のような汗が出るように照射する。
もし可能であれば、2台で身体を挟み込むように行うことで、より一層の効果を期待できます。
1回の光線照射は、合計40分程度にして、1日1~2回行っても良い。
治療用カーボンは、5000-3001番、4008-3001番、3001-3002番、痒みがある場合は、3000-3002番を使用する。
光線療法に関することはこちらよりお問い合わせください。
光線療法の動画はこちらよりご覧ください。

これからの高齢社会に向けて活力ある生活を。

治療報告と症例集P329
疲れやすさが改善、血圧も安定、体調良好
81歳 女性

自宅で製粉業を営んでおり、もともと神経質な性格に加え、家族も多く、常に気を使って生活していた。
「疲れた、だるい」が口癖で、季節の変わり目にはいつも具合が悪くなっていた。81歳時、風邪をきっかけに喘息を発症した。
入院2カ月間で症状は軽快したが、再発予防と体力増強のため知人の紹介で光線研究所附属診療所を受診した。
光線治療
治療用カーボン3002-5000番
を使用し、両足裏部10分間、両膝部・腰部・後頭部・左右咽喉部・前額部各5分間照射。
自宅で毎日治療を行った。光線治療初日より熟睡可能となった。治療1週間前後から食事がおいしくなり、元気が出てきた。退院後しばらくは、家族に勧められても散歩をする気になれなかったが、光線治療開始後は気力が出て自ら家の周囲を20分間歩くようになった。
3カ月後には、2泊3日の温泉旅行に出かけても疲労感はなく、充分に楽しむことができた。
現在、治療5年目、86歳であるが、体調は良好で体重は47㎏から50㎏に増えた。血圧は151/81㎜Hgから123/71㎜Hg(5年後)と安定した。
光線療法にご興味のある方は、こちらより動画をご覧ください。
光線療法に関する事はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

高血圧症・低血圧症の可視総合光線療法

理論と治験P312
●原因疾患が明らかでない高血圧の光線治療
治療用カーボン:3000-5000番、5002-5002番
使用。
光線照射部位:両足裏部・両足首部・両膝部・各5~10分間、後頭部または左右咽喉部各5分間。
高血圧症 62歳 男性

20年来の高血圧症で、降圧剤を服用しているにもかかわらず、最近、著しく血圧が上がってきた。
光線研究所附属診療所受診時は、最高血圧180㎜/Hg、最低血圧が110㎜/Hgと、かなり血圧値が高く、酒量も多かった。
光線治療5002-5002番の治療用カーボンを使用し、両足裏部・両足首部・両膝部各10分間、後頭部・左右咽喉部・腹部・腰部各5分間照射。
病院からもらう内服薬では10年以上服用しても十分な血圧降下がみられなかった。
光線治療を開始してから血圧が徐々に下降した。治療半年後には131/86㎜/Hg前後の安定した血圧値になった。体重も4㎏減った。
●原因疾患が明らかでない低血圧の光線治療
治療用カーボン:3000-5000番、5002-5002番
を使用。
光線照射部位:両足裏部・両足首部・両膝部各5~10分間、後頭部または左右咽喉部各5分間照射。
低血圧症 27歳 女性

子供の頃からからだが冷たく、風邪をひきやすい虚弱体質だった。特に足裏の冷えが強く、低血圧でよく立ちくらみを起こしていた。
疲れやすく、何をするにも気力がなく、張りのない生活を送っていた。この症状を知った義母に勧められて光線研究所附属診療所を受診した。

光線治療:3000-5000番
の治療用カーボンを使用し、両足裏部10~20分間、両足首部・両膝部・腰部各10分間、腹部・後頭部・左右咽喉部各5分間照射。
治療開始から3カ月後、足の冷えも大分なくなり、からだ全体の冷えも改善されてきた。血色もよくなり、疲労感も緩和されてきた。
少しずつ気力がわいてきて、物事に対し積極性が出てきた。血圧も徐々に高くなって立ちくらみも減った。体質改善のため継続して光線治療を行っている。
光線療法の方法やカーボンの組合せなどこちらよりお問い合わせください。
光線療法の動画はこちらよりご覧ください。

気力・体力・血行力の維持でいつまでも健康

理論と治験P316
気力・意欲の充実のために
80歳代から可視総合光線療法を始めても遅くはありません。血行を改善して苦痛の軽減をはかり、より質の高い生活のために早めの治療が望ましいといえます。
これからの高齢化社会では、高齢者が社会の大切な一員としての目標と役割を自覚できるような対策が必要であると考えられます。
この自覚によって、気力・意欲は充実し、さらに光線療法の継続が血行悪化を抑制して、気力・意欲をよりいっそう充実させることになります。
変形性脊椎症・骨粗鬆症 83歳 女性
78歳の頃から変形性脊椎症、骨粗鬆症のため整形外科に通院していた。頸部、肩、背中の痛みが強く、手足のしびれもみられていた。
冷え症で、特に両下肢が冷たく、寝付きもよくなかった。知人の紹介で光線研究所附属診療所を受診し光線治療を開始した。
光線治療:5002-5002番の治療用カーボンを使用し、両足裏部・両足首部・両膝部・腰部各10分間、後頭部・左右咽喉部各5分間照射。

通院により光線治療を開始した。光線治療により頸部・肩・背中の痛みが少しずつ軽減してきた。
頸を動かす動作も治療前より楽になって、長く歩けるようになり、日常の行動範囲が広がってきた。
治療8カ月後、しびれはまだ大きな変化はないが、冷え症はなくなり、食欲、睡眠は良好である。
光線療法に関するご相談はこちらからお問い合わせください。
光線療法の動画はこちらよりご覧ください。

湿疹と可視総合光線療法

光線研究 第535号
湿疹と可視総合光線療法
紫外線・可視線・赤外線の各作用と湿疹治療

アトピー性皮膚炎をはじめ湿疹を来す疾患は多くあり、日常的によくみられます。可視総合光線療法は痛みの治療と同様に皮膚病の治療に多数の方々が愛用しています。
湿疹は生命に係わることではありませんが、眼に見える疾患であり見た目や痒みなどの不快感を伴う疾患です。
急性・慢性の湿疹が本療法のよい適応であることは可視総合光線療法の特性にあります。
光線療法に用いる紫外線は、人体に有害な紫外線は含まれておらず、また太陽光線に含まれる紫外線と比べても非常に僅かです。
この紫外線には、殺菌作用、止痒作用、ビタミンD産生作用、免疫調整作用などがあります。
また、可視線には免疫賦活作用、組織内呼吸の活性化など、赤外線には血液・リンパ系の循環改善作用、熱ショック蛋白の産生などがあり、これらの各光線が総合的に働き湿疹を改善に導きます。
湿疹など皮膚患者では光・熱エネルギー不足から、からだが冷えやすく、このため消化機能、免疫機能、排泄機能が低下するため、体内で生じた異物や不要物を処理する能力が悪くなります。
この処理を皮膚及び皮下組織が行うことになります。つまり皮膚に炎症を起こして異物や不要物を体外に排泄することになります。
これが湿疹・皮膚炎の病歴と考えられます。したがって湿疹など皮膚患者では、まずからだをいつも温かい状態に保ち、消化機能、免疫機能、排泄機能の働きを改善することが重要です。
光線療法の動画はこちらよりご覧ください。

暴飲暴食の急性胃炎に可視総合光線療法

光線研究 第489号
急性胃炎 20歳 男性
20歳になり一人暮らしを始めたが、暴飲暴食の後、吐き気とと共に心窩部に差し込むような痛みが出現した。
光線治療器は以前より風邪の時などに使用しており、今回もすぐに光線治療を行った。
光線治療:3001-4008番
光線照射部位と時間:
両足裏部・両膝部各5分間、背正中部30分間。

1回の治療で、心窩部の痛みがなくなった。食事も普通に摂れるようになった。
慢性胃炎 76歳 女性
3年前より食べ過ぎると心窩部を中心に鈍痛と膨満感を感じるようになった。次第に食事や食事量に関係なく症状がでた。
また、食後はいつも胃部の重苦しい鈍痛とげっぷや胸やけで不快な思いをするようになった。食欲もなく、元気もなくなり体重が2㎏減ってしまった。
内視鏡検査の結果、慢性萎縮性胃炎と診断された。消化剤を処方されていたが、症状の改善が見らえれないので来所した。
10年来の腰痛と肩こりの持病もあり、整形外科で腰部の牽引治療を続けていた。
光線治療:3001-4008番
光線照射部位と時間:
両足裏部・両足首部・両膝部・腰部・背正中部各10分間、頸椎下部5分間。

自宅で毎日治療を行った。治療開始1カ月目には、食後のげっぷが減り、心窩部の鈍痛が軽くなってきた。
食欲も出てくるようになり、食事も以前よりもおいしく感じられるようになった。
治療3カ月目には、身体が軽く感じられるようになり、10年来悩んできた腰痛と肩こりを意識しないことが多くなった。
体重も2㎏増えて以前と同じになった。治療開始4カ月目には、食後も不快な症状はなく、普通に食事がとれるようになった。
内視鏡検査の結果、炎症は治っていると診断された。
身体のお悩みを光線療法で寛解していきましょう。お問い合わせはこちらよりどうぞ(^。^)
光線療法の動画はこちらよりご覧ください。

やけどの早期回復に可視総合光線療法

光線研究 第488号
やけどの光線療法
やけどをした直後は、まず水で冷やします。この場合、水道水などの清潔な水で冷やさなければなりません。
光線は受傷した部位に達し、そこに強い充血を起こし、鎮痛効果を発揮します。またやけどの障害により生じた組織の不要物を吸収排除することにより腫れも軽減させ、皮膚組織の障害を最小限にします。
単に水で冷やし続けるより、光線治療を行うことで著しく回復が早まります。光線治療は、鎮痛効果に加え殺菌作用があるので、感染や化膿を防ぎます。
さらに肉芽発生作用により受傷組織の再生を促します。光線治療を行うことで、夜も眠れないような痛みやヒリヒリ感が軽くなり赤みも和らいできます。
水庖がある場合は、無理につぶすと感染の危険が高いので、水庖の上から光線照射を行います。
数日間光線治療を行うことにより、水庖の下の皮膚再生が促され、水庖が自然に吸収されたり破れたりします。
小児や高齢者の治療に際しては、必ず誰かが付き添うようにします。
治療用カーボン
3001-3001番
光線照射距離

受傷直後は患部が熱に対して敏感な為、通常より照射距離を遠めにして治療します。
痛みが軽減するに従い照射距離を徐々に近くして、気持ちよく感じる距離で光線照射を行います。
集光器
患部の広さに応じて集光器を必ず使用します。
光線治療時間
30~60分位
を目安にしますが、痛みの軽減がみられない時は更に治療を延長します。
光線療法に関するお問い合わせはこちらまでお願いします。
光線療法の動画はこちらをご覧ください。

あきらめないで、光線療法で芯から強く

名古屋市で痛みや疾患でお悩みの方がそれぞれに効果が見られることで皆さまに足をお運びいただいている当院は、光線療法を行う鍼灸指圧接骨院です。
光線療法という言葉に聞きなれず不安がある方も多いと思いますが、実は100年も続く療法なのです。効果があるから続いているという事です。
光線療法は、直接治療という事ではありませんが、体を中から改善したり治療の効果が出やすくなったり治癒力を高められ、内臓などの働きも活発にする事が出来るのです。
ガン患者さまも、手術後の苦しい抗がん剤に耐える体力や機能低下で負けてしまわないように、光線療法で体の中からみなぎるパワーで効果があったと嬉しい報告をたくさんいただいております。
細胞の活性化など病気に打ち勝つ体作りのお手伝いをいたします。