最後は自分の中にある治す力を引き出すしかないんです。そのためのコウケントー光線治療。

初めに言っておきますが、たんぽぽは病院治療と併用してコウケントー光線治療をしております。

何でそんなことを言うのかって?

薬は服用しなければいけないし、でもそこに100%頼るだけでなく、1%でも体の治す力をなくしてはいけないし・・・。

これからの話は、たんぽぽで多く見られた光線治療の臨床経験です。

乳癌術後のホルモン療法中、難病でステロイド剤服用中、潰瘍性大腸炎で薬を服用中、胃癌全摘後の大腸癌など、薬で症状が安定している方のコウケントー光線治療です。

みなさん、何か自分自身のためになる自然治療を求めてたんぽぽの光線治療を受けに来ました。

でも実際に光線治療を受けて見ると、今まで便通や尿の出が良かったのが悪くなった、湿疹が出た、熱が出た、倦怠感が異常に出る、頭痛が起きるなどの症状が出ることがあります。

これは一体なんなのか?

本来、内臓がする仕事を全部、薬の化学作用で強制的に行っているために出る反応です。一時的に悪くなった感じになります。

1回目で反応が出る方、3回~4回目で反応が出る方と色々です。

人工に慣れると、体は怠けて動かなくなってしまうものです。

それを光線治療の自然治癒を引き出す力で動かそうとするので、薬と自然治癒力が一時的に拮抗してしまうために、上記の反応が出るのです。

がしかし、光線療法の光化学作用と深部温熱作用が、自律神経の最高中枢である視床下部に働きかけて、全身の自律神経系・免疫系・内分泌系・血管系の調和を図り、みなさん、10回~50回(個人差によります)で落ち着いています。

だから、ビビらないでください。少しずつ体質を変えていきましょう。

詳しい光線治療方法は、メールでお問い合わせください。何でも知っていることはお伝えします。



Y・Kさん56歳女性、くるぶしのむくみにコウケントー光線治療

何度か、電話でご相談に乗っていましたが改善が見れなかったのでたんぽぽへ来院。

ご自宅で光線治療器を1台持っていて、足首に当てていたのですが、一向にくるぶしのむくみが解消しないというのです。

治療用カーボンは3002-5000番を使用。

足のむくみ解消は、両足裏部・両足首部・両膝部・ふくらはぎ部・腰部の5か所です。

むくみの治療用カーボンは、3002-5000番、または3002-4008番ですが、稀に3001-3002番で著効を現わす方がいます。

ご自宅では1台なのでなかなか効果が出にくいですが、たんぽぽでは一度に5か所を同時照射しますから、1回で効果が出ます。

自宅治療の場合は、必ず両足裏部を当ててから、足首を照射するように言いました。また、普段からシャワー(冬でも)のようで、毎日お風呂に浸かるように指導しました。

あと、肌着やインナーを着て、温められた空気が服の外に出ないように工夫してもらいました。

O・Yさん70歳女性、唾液の分泌不足による味覚障害のコウケントー光線治療

長年通っている歯医者さんで唾液の量を測ってもらったら、唾液量が少ないと言われ、よく噛む、ほっぺをマッサージするなど指導された。

唾液が少なくなると、口内炎、歯槽膿漏、虫歯、そして味覚障害などを起こします。

しかし、味覚障害は少しずつ進行するので、味覚が変わったかどうか分からない方もいます。

気になる方は、歯科医での唾液量の検査をおススメします。

では、唾液の分泌を増やすコウケントー光線治療です。

どんな病気や症状でも、光線治療の鉄則は、患部の滞った血行を良くして、血流を改善することです。

両足裏部20分間、両膝部10分間、腹部10分間、腰部10分間、後頭部(1号又は2号集光器)5分間、左右咽喉部(2号集光器)各5分間、口中部(2号集光器)5分間照射。

治療用カーボン3001-5000番、または3001-4008番を使います。

唾液に限らず、胃液、腸液、胆汁、膵液などの分泌がしっかりと行われるように、毎日の光線治療は大切です。

O・Yさんは、毎週1回の光線治療と全身マッサージを6ヵ月間行い、実年齢よりも多くの唾液分泌量(40歳代)になりました。

ラクナ梗塞予防のコウケントー光線治療

脳の細い血管が詰まってしまう脳梗塞は、日本人に多いようです。

でもね、心配しないでください。光線照射をしていれば、予防できますよ(^-^)

治療用カーボンは、3000-5000番、3002-5000番、3001-4008番などを使用します。

両足裏部20分間、両膝部・ふくらはぎ部・両足首部を各5分間、腹部・腰部を各10分間、後頭部・左右咽喉部を各5分間照射します。

必ず週に1回は光線デーを作り、しっかり当ててください。週に2回~3回できれば、もっといいです。

光線照射で体の隅々まで血液の滞りをなくし、体のこわばりをマッサージすることでさらに循環を良くしていきましょう。


眼精疲労の光線治療方法を教えてくださいとお問い合わせ

光線治療方法ですが、どんなケースであっても「体は一つ」であることを忘れないでください。

眼精疲労の光線照射ですが、眼の疲れは、全身状態を表します。

体が疲れている、寝不足、仕事のし過ぎ、気を使いすぎなど、色々な原因があって眼に症状が出ることもあります。

なので光線治療は、眼にこだわらずに、まずは基本照射を行うことで、体の過緊張状態を和らげて血液循環を良好にしてから眼部のまわりに光線照射。

左右こめかみ部、左右咽喉部そして最後に眼部です。

木を見て森を見ず。患部だけを見て全身を見ずにならないようにしましょう。

コウケントー光線治療の痒みのカーボン組み合わせ

皮膚病全般に用いる治療用カーボンは、一般的に3001-3002番、または3000-3002番です。

よくお問い合わせがあるのは、上記以外でのカーボン組み合わせはありますか。

あります。例えば、お顔の痒みは、3001-3001番、体の痒みは3002-3002番、3002-3009番、6006-3003番、4002-4009番、4000-4002番です。

場合によって、3000-5000番を使うこともあります。

初めて痒みの光線治療をしようとするときは、3001-3002番から行ってみてください。


風邪で咳が出る時はお腹を当てない!コウケントー光線治療

風邪を引いて咳がよく出る方は、お腹は当てない方がいいかも。

たんぽぽの臨床経験上、お腹に光線照射を行うと咳が出ることが多いことに気付きました。

別に悪い反応ではありませんが、咳が出続けるのは辛いですよね。

ではどこに光線照射を行うのが良いのかというと、両足裏部・両足首部・両膝部・ふくらはぎ部の下半身と、背正中部、左右咽喉部が一番いい。

患者さんによっては、下半身照射のみで咳の症状が治まる方もいらっしゃいます。

治療用カーボンは、3000-5000番でも良し、3001-5000番でも良し、3002-5000番でも良しです(^-^)


免疫力だけを見ずに総合的な力を高めましょう。

皆さん、免疫力という言葉をよく使われてますが、体を元気にするコツは、自律神経と内分泌も底上げする必要があります。

免疫ー自律神経ー内分泌の三位一体、すなわちホメオスタシス(内部環境の恒常性)を強くする必要があります。

では、どこに光線を当てればいいの?

これは、左右の首すじに当てるんです。首の横側(第6頸椎あたり)には左右に星状神経という神経節があり、脳の視床下部と繋がっています。

ここをよく刺激してあげると、体が元気になる「ツボ」みたいなところです。


治療用カーボンは、3001-5000番、3001-4008番、3002-5000番などを使います。

速効性はないので、根気に毎日当てて見てくださいね。

コウケントー光線治療で衛生体力を身に付けましょう。

「最近、足腰が弱ってきたから歩かなきゃ」とか「ジムに行って体を鍛えよう」は、行動体力と言いまして、一般的な概念の体力です。

一方、衛生体力は、太陽の光を体に浴びて初めて得られるものであり、癌の進行がない、癌が小さくなった、風邪を引かない、インフルエンザにかからない、熟睡出来る、食事が美味しく食べられる、便通がいい、血色がよく、肩こり・頭痛などがない、疲れにくいなどの状態を言います。

たんぽぽの目指す治療は、この衛生体力をマックスまで高める状態を常に身に付けることです。

「病気があるから不健康」、「病気がないから健康」ではなく、どういう体の状態であっても、元気である状態(衛生体力が十分にある状態)を目指せば、自然治癒力がよく働き、より良い方向に体の状態を持っていきます。

日常生活に支障がある不調、病院では異常なしの不調は、いつでもご相談ください。










Y・Hさん78歳男性の肺マック症のコウケントー光線治療

呼吸が苦しくなり、病院を受診したら非結核性抗酸菌症と言われて処置を受けて退院。しばらく経過観察とのことでたんぽぽへ。

今のところ、血中酸素濃度は正常で、呼吸も落ちついています。

肺マック症のコウケントー光線治療では、3000-5000番、または5002-5002番を使用します。

両足裏部10分間、両足首部・両膝部・腰部・背部(または肩甲骨間部)・左右咽喉部を各5分間照射。



肺マック症が進行している場合には、治療用カーボン1000-5000番や1000-4008番を使うこともあります。

現在、この病気は非常に増えていますので、普段から光線治療でしっかりと、肺やのど・鼻を温めるといいでしょう