H・Mさん28歳女性、3人目の妊娠中でつわりがひどい時のコウケントー光線治療

20歳で1人目、22歳で2人目、そして28歳で3人目を妊娠中。

1人目と2人目のときには、まったくつわりや体調不良、肩こり腰痛などはなかったのが、3人目の今回はかなりしんどいとたんぽぽに来院。

妊娠5ヵ月目だそうですが、光線治療は両足裏部・両足首部・両膝部・左右下腹部・腹部・腰部・背正中部・後頭部を当てます。

治療用カーボンは3001-5000番を使って、各5分間~10分間照射してください。

お腹が大きくなってむくみや腰痛や肩こりがひどくなる時は、その部分に20分間~30分間当てることもあります。

それから横向きになって、軽くマッサージを施します。

妊娠が分かってからすぐに光線治療は始めても、全く問題はありません。

妊娠初期から妊娠7か月目くらいまでに、内臓、血管、神経、骨、皮膚などのすべてが形成される時期ですので、毎日当てます。

胎児の順調な発育のために当ててください。お腹に当てて大丈夫です。

H・Mさんは、週に1回の光線治療とマッサージを10回したあたりから、つわりはなくなり、肩こり・腰痛もなくなり順調に経過しています。

最近は、毎日5千歩くらい歩いているとのことです。

実際は肌に直接当てます。




小さな粉瘤、ガングリオン、脂肪腫、イボ、ニキビ痕などは大きく当てて小さく当てる。

大きく当てる↓





そしたら次は、小さく当てる↓






代謝や血流を高めてから、ピンポイントで当てると、光線治療の効果はバツグンに上がりますよ(^-^)

H・Kさん51歳女性、O・Yさん31歳女性、Y・Sさん75歳女性他、膀胱炎のコウケントー光線治療

膀胱炎は、足腰の冷え、疲れ、寝不足、鼻炎のある方、座業で腰・お腹まわりの血行不良・腰痛などで起こりやすいです。

尿道から膀胱にかけては粘膜ですので、冷えや血行不良などによって粘膜の血流が悪くなると細菌・ウイルスなどに感染しやすく膀胱炎を発症し易くなります。

余談ですが、鼻の粘膜や喉の粘膜も血流が弱いと風邪やインフルエンザやコロナなどにかかりやすくなるのと同じです。

膀胱炎になってしまったら病院でお薬を処方してもらいながら、併用して光線も当てます。また膀胱炎が治った後も再発予防に当て続けます。

両足裏部・両足首部・両膝部・左右下腹部またはお腹中央部下部・腰部・背正中部・後頭部を各10分間照射。

治療用カーボンは一般的に3001-4008番を使いますが、3002-5000番、3000-5000番でもOKです。

光線を当てた部分に抗菌ペプチド(天然の抗生物質)が産生されますから、尿道や膀胱の粘膜が強くなり、細菌やウイルスなどの侵入を防ぎ、膀胱炎を起こしにくくします。

膀胱炎の治療は、止めてしまうと再発しやすくなります。(←生活習慣が変わらない限り)

治ってからも週に1回は上記の照射部位をしっかりと当てましょう。

足や腰の冷えだけでなく、お尻や背中やお腹などにも冷えがあると膀胱炎を誘発しますから、全身の冷えている部分は全部まとめて光線照射します。

あとできれば、常日頃から「カイロ」を冷えてる部分に貼っておくといいでしょう。

お腹中央部下部

全身をよく当てる

風邪、インフルエンザ、コロナの予防は徹底的にのどの正面・鼻をコウケントー光線照射





細菌やウイルスの侵入を防御し、感染を防ぐには、鼻やのどをめがけて徹底的に光線照射しましょう。

治療用カーボンは3001-5000番、3001-4008番、3005-5000番などを使います。

両足裏部・両膝部・鼻やのどを各10分間照射。

アトピー性皮膚炎のコウケントーカーボンの組み合わせはいっぱいあります。

アトピー性皮膚炎のご相談をたくさん頂きます。

一般的に使われているアトピー性皮膚炎のカーボンは3001-3002番や3000-3002番です。

それ以外は、3001-3009番もあります。

たんぽぽに通われているアトピー性皮膚炎の患者さんは20名以上ですが、ほとんどの方でカーボンの組み合わせは違います。

たんぽぽでは、肌の変化によってカーボンの組み合わせを変えます。

カーボンの組み合わせは100パターン以上ありますので、肌の変化によって細かく組み合わせを変えていきます。

実際に肌の状態や全身状態を診て、ステロイドの使用期間、痒みの程度などをお聞きしますので、お越し頂く必要があります。

直ぐに良くなるものではありませんので、2年、3年とかかる場合がありますから、根気に続けて綺麗な肌に戻していきましょう!






血流を良くするには、コウケントー光線治療と施術(鍼治療・指圧・オイルマッサージ等)を併用する。

血流を良くするってどういうことかというと、血液が何物にも邪魔をされずにスムーズに流れることです。

では、身体の中で、血流を邪魔する「もの」って何だと思いますか?

それは、ご自身の筋肉です。

筋肉が硬いほど、血流は悪くなってしまいます。

では筋肉を硬くしてしまう原因は?

長時間の同じ姿勢、睡眠不足、偏った体の使い方(クセ)、精神的ストレスなどあります。

なかなか急には治すことは難しいですが、身体の使い方を意識するだけでも変わります。

たんぽぽは、光線治療にお越しになるほとんどの方に、施術を取り入れています。

もっと血流を良くしてほしいからです。

光線治療の血流改善部位は、両足裏部・両足首部・腹部・後頭部・左右咽喉部です。

これらの部位は必ず照射するように心がけます。

光線照射後は、実際に体を触ってこわばった部位を中心にほぐしていくと、血液がスーッと流れ始めるのが分かります。

血流改善は、全身光線+こわばった筋肉を柔らかくほぐすです。




ワクチン接種しますし、時間を作ってコウケントー光線治療も当てて粘膜免疫強化しているたんぽぽです。

たんぽぽの患者さんから、先生はワクチン接種しますか?って聞かれます。

たんぽぽはワクチンを受けますよ。9月1日と9月22日の両日です。

あちこちに電話をしたら、運よくキャンセルのあった病院で予約が取れました。

光線をしている先生がワクチンを打つんですかーって言われましたが、ハイ打ちますよって言いました。

別に深く考えたわけではありませんが、治療院を経営してる責任もあるしね。

感染する可能性は分かりませんが、自宅と治療院の自転車通勤🚴なのはありがたいです。

まあ、やれることはやりましょうって感じです。

やれることのもう一つは、やっぱり光線治療です。

今まで3000人以上の患者さんを診てきて、全員が実感することがあります。

それは、風邪を引かなくなったこと、または引きにくくなったことです。

月に1回は風邪で幼稚園を休む息子が、風邪にかかりにくくなった、季節の変わり目は必ず風邪で寝込んでいたのが、寝込まなくなったとか、光線を始めてからインフルエンザにかからなくなったなどなど。

風邪を引いて体調を崩すことが本当に少なくなりましたという声は多いです。

粘膜が外気に触れているところって、目・鼻・口・耳・肛門くらいでしょう。

光線治療は、身体全体に当てて、咽喉部や口や鼻や肛門にも当てるといいですよ。

肌に光線照射を行うと、抗菌ペプチド(←いっぱい種類があります)が沢山体内にできます。もちろん粘膜にも。

この抗菌ペプチドってヤツは、細菌やウイルスをやっつけてくれる強力な天然の抗生物質です。

人間って、そんなやわではないですよ。もともとは、どんな環境にも適応する能力があります。

もともと備わった能力を低下させているのは、自分自身。

しっかり光線照射を行って、衛生体力(風邪などにかからない体力)を高めましょう!

治療用カーボンは、3000-5000番、3001-5000番、3002-5000番、3001-4008番など一般的に使われてるカーボンで十分です。







山登りが趣味な患者さんが大喜び!高山病にならずに済んだコウケントー光線治療

パーキンソン症状のある60代の女性の方から喜びの声。

病気の症状を少しでも和らげるためにお薬だけでなく、コウケントー光線治療を熱心に自宅治療と通院治療を併用されています。

先日、ご主人と一緒に乗鞍岳(標高3000m級)の頂上まで登りました。

私はどんどん、マイペースで登山を続けていたのですが、主人は途中で高山病になってしまい、何とか宿泊施設までたどり着いたもののダウン💦

行きと帰りの2日間とも私は体調がとても良く、主人は体調不良でしたが、翌日は体調を取り戻して何とか下山。

光線治療をしてるとしていないのでは、こんなにも違うものかと驚きました。

改めて光線治療の威力を感じましたと報告に来てくれました。

彼女の場合は、パーキンソン症状があるので3002-4008番を中心に光線照射しています。

照射部位は、両足裏部・両足首部・両膝部・ふくらはぎ部・腹部・腰部・背正中部・後頭部・左右咽喉部を合計60分間。

ちなみに自宅治療は、2台で両足裏部と両足首部のみ30分間照射。

光線治療を普段から行っていると、血管が強くなり、血流が良い状態が続くので、高山病になりにくいのでしょうね。

良かったです(^-^)

ちなみに、3000-5000番、3001-5000番、3001-4008番など、ご自宅になるカーボンなら何でもいいので普段から光線治療を行うことで、思いもよらないくらいに、ご自身の身体が強靭になっていることに気付きますよ!




座りっぱなしで足首に靴下の跡が付くむくみのコウケントー光線治療

今年に入ってから段々と増えてきています、足首のむくみ(;^ω^)

自粛する中で、コロナ禍以前のような運動量を維持することが難しいのでしょう。

そんな時こそ、コウケントーを大いに使ってください(^-^)

足首、またはふくらはぎから下がむくむ場合は、両足裏部・両足首部・ふくらはぎ部を各20分間~40分間照射します。

えッ!?そんなに当てて大丈夫?

大丈夫です。運動ができない分、心臓に負担がかかっているので、むくみ取り+心臓強化の一石二鳥です。

そして頑固なむくみは、両足裏部・両足首部・ふくらはぎ部、そして腰部を追加照射します。

慢性的なむくみにならないように出来るだけ毎日行ってください。




とにかくコウケントー光線治療でお腹をよ~く温めなさい(^-^)歯周病にもいいお腹温活。

たんぽぽは、患者さんにお腹を温めるために腹巻をススメています!

お腹を温めて腸内細菌を活性化させると、アトピー性皮膚炎に良し、また歯周病にもいいのです。

腸内細菌の変化でプリン体代謝が活性化され、産生された尿酸が血液を介して歯周組織で炎症を促し、歯周炎を悪化させるようです。

尿酸代謝や腸内細菌の活性で、歯周病の進行を少しでも抑えましょう。

光線治療のコツは、下半身とお腹回りをよく温まるまで照射することです(^-^)