スポーツケア(肘・膝・腰等の痛み)や捻挫・打撲など外傷のコウケントー光線治療

スポーツを頑張っている学生さんは、体を酷使している分だけ、負担のかかる体のあちこちに痛みが出ます。

スポーツをすると、筋肉、靭帯、筋肉の腱などに疲労が溜まり、小さな炎症や障害の蓄積によってある日、突然痛みが出現します。

筋肉をこわばらせたままでいると、オスグッド病、野球肘、テニス肘、鵞足筋炎、野球肩などあらゆるスポーツ障害が必ず出ます。

ストレッチだけでは追い付かない場合もあります。

毎日のスポーツで起こる小さな炎症や障害をその日のうちに解消することが大切です。

また、カチカチになった筋肉をほぐさないでいると、いわゆるスポーツ障害が出て、軟骨や骨に異常をきたして、手術するケースもあります。

余分な手術をできるだけ避けるために、光線治療とマッサージを毎日行う必要があります。

まず、外傷(捻挫や打撲など)はその日から光線を照射して大丈夫ですから、しっかり当てます↓




炎症や腫れが強く出ていますが、初日や2日目はとくに、患部に対して2時間~3時間光線照射を行います。

光線を当てていると、ズキズキ、チクチクと痛みが強くなりますが、当てます。

3日目からは1時間光線照射を行い、そして患部以外のまわりの筋肉を徹底的に柔らかくしていきます。

なぜなら、例えば、捻挫などで足首をかばって歩くと、両足に不自然に力が入り、今度は膝や太ももなどの別の場所に痛みが出るのを予防するためです。



光線療法もマッサージなどの施術も、必ず、患側(ケガをしている側)だけを治療せず、健側(ケガをしていない側)もしっかりと治療することが大切です。

スポーツケアのご相談はいつでもメールで承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせが多い脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアの光線照射方法

腰部のどんな痛み(病院ではリハビリや湿布のみの場合)を楽にするには、痛みのある腰部をとにかく当てることです。

1回の照射時間は40分間~1時間です。これを可能な限り、1日1回~3回行いましょう。

治療用カーボンは3001-4008番、1000-3001番、さらに1000-4008番を使う場合もあります。

照射部位は下半身と腰部ですが、自宅では足にしびれや違和感のある部位をよく当ててから腰部の照射を行います。

たんぽぽでは両足裏部・両足首部・両膝部・ふくらはぎ部・腰部を同時に光線照射します。↓


また腰部の状態を診て、マッサージ、オイルマッサージ、鍼治療を併用し、腰回りのカチカチになった筋肉を少しずつ柔らかくしていくと、4回~5回目くらいで、痛みは楽になっていきます。

スッキリしない痛みの解消は、いつでもたんぽぽまでご相談くださいね。

K・Aさん65歳女性、気管支喘息のコウケントー光線治療

保育士の仕事をされているK・Aさんは、数年前に気管支喘息を起こすようになり、季節の変わり目は喘息症状がひどいとのことです。

叔母の紹介でたんぽぽに来院しました。

日中の気温差や保育の仕事が忙しく疲れが溜まると、息苦しさや咳が出てしまうようです。

また、夜間は咳と痰とのどの不快感で眠れず、滅入っていました。

こういうケースでは、光線治療とマッサージを行い、喘息症状の軽減と体のこわばりや疲れを取るようにします。

治療用カーボンは、3000-5000番、5002-5002番、3001-4008番を使っていきます。

今回は、喘息症状と疲れを取るために、3001-4008番を使用。

照射部位ですが、喘息症状の軽減は下半身をしっかりと当てることです。↓




たっぷりと下半身照射を行った後は、腰背部に照射します。

背部(肩甲骨間部)では、まず大きく当てて(10分間)、小さく当てます(20分間)↓




最後に左右咽喉部をよく当てます(各10分間~15分間)↓



合計60分間の光線照射後は、マッサージをして、咳をして硬くなっている背中を中心にほぐします。

K・Aさんは、週に1回の通院治療を3ヵ月間行い、喘息症状が和らぎ、現在は月に1回~2回の通院治療を継続中です。

コウケントー光線治療をするときは、汗をかくまで当てた方がいいですかというお問い合わせ。

えーっと、体の部分がよく温まるまで当てることがいいと思います。(汗が出ない程度に。)

汗をかくということは、体を冷やそうとする反応ですから、光線治療効果が半減してしまいます。

しかし、たんぽぽの臨床現場では、あえて汗をかかせることもあるんです。

体が重だるい、元気が出ない、疲れが溜まっている、運動できなくてストレスがあるなど、全身状態が良好なときだけ、あえて汗をかかせて体を軽くします。

また、女性の方にとても多いのですが、1年を通して汗をかかない、かけない体質?が見えます。

そういう女性の方も徐々に汗が出るような体質に持っていきます。

一般的なコウケントー光線治療では、光をよく当てることが大切ですので、気持ちの良い温かさで十分に体内の血流が良くなって、代謝が上がり、体温も高くなっていきますから、治療効果として十分です。

結論は、汗が出ない程度に体がよく温まれば十分に光線効果を得られますが、だるさ・疲れをスッキリ解消させたいときは、あえて汗をかくまで当ててもいいと思います。

ちなみに、あえて汗を出したいときの治療用カーボンは、3001-4008番、1000-3001番などのカーボンを使います。



K・Tさん60歳女性、子宮筋腫・乳癌術後のホットフラッシュのコウケントー光線治療

生理が終わったのが56歳の時。子宮筋腫で子宮と卵巣を摘出。その後乳癌を患い、左乳房を全摘手術。

その頃から、更年期障害なのか、乳癌術後の後遺症なのか、ホットフラッシュで1年中、汗を良くかくとのことです。

光線愛好家のお姉さんからの紹介でたんぽぽに来院。

ホットフラッシュの治療は、乳癌治療のときにお世話になった主治医の先生の紹介で、内科で漢方薬を処方してもらっているそうです。

ホットフラッシュのコウケントー光線治療方法は、下半身、下腹部まわり、左右咽喉部を良く当てるといいですよ。

彼女の場合は、癌術後ケアも兼ねて、治療用カーボンは1000-4008番を使います。

一般的には、3002-4008番や3001-4008番や3000-5000番など、気持ちよく感じるカーボンを使ってください。

照射部位は、両足裏部・両足首部・両膝部・ふくらはぎ部・後大腿部・お尻・左右下腹部・腹部・腰部・背正中部・後頭部・左右咽喉部を合計60分間照射。

ホットフラッシュでは、同時に何か所も光線照射を行うと、意外にも気持ちよくて、寝てしまいます。

本人はホットフラッシュで暑いのに、熱がらないのです。

光線同時照射の不思議です💦

治療50回(週に1回の通院治療を1年間)で暑がりはなくなり、寝汗をかかなくなって、症状は半分楽になったそうです。

現在は、漢方薬は体に合わずに、光線治療のみで、2年目に入りました。

さらなる症状改善を目指していきます。

①下半身をよく温める↓



②お腹周りをよく温める↓



③自律神経系に作用する部位を照射↓






M・Aさん76歳女性、花粉症・アレルギー体質・骨粗鬆症・薬の副作用が出やすいのコウケントー光線治療

娘さんの紹介でたんぽぽに来院されたM・Aさん。

花粉症・アレルギー体質でお薬を服用すると湿疹が出たり、熱が出たり、体がだるくなったり、また骨粗鬆症とのことです。

こういう場合は、3000-5000番がいいんですが、はじめから使いません。

3000-5000番または、5002-5002番なんですが、紫外線は、自己免疫の調整や骨によく反応しますから持って来いです。

光線治療10回目くらいまでは、3001-5000番を使って、体に光線を馴染ませるんです。

それから、足裏部や両膝部の下半身に3000-5000番を使っていきます。

週に1回の光線治療を1年半しっかりと行い、花粉症やどうしても服用するお薬の副作用は非常に少なくなっていると本人のお話しです。

また、骨粗鬆症のお薬を服用すると、副作用で体が重だるくなったりしたので、主治医の先生からは、服用出来る時だけでもいいから飲んでくださいと言われた。

実はあまり骨粗鬆症のお薬は服用せずにいたのですが、骨の状態が非常に良くなっていて、主治医の先生から、骨密度の結果が非常にいいですよ、これだけ良くなるのは珍しいと言われてしまいました。

本当に、コウケントー光線治療のおかげです。


子宮や卵巣の女性疾患のコウケントー光線治療の当て方

上向きになって股を開き、光線照射をする方法↓


横向きになってお尻側から光線照射をする方法↓ まず大きく当てる。


次に患部をめがけて1号集光器で当てる↓


さらに左右の横腹から当てる↓


最後に左右下腹部(写真は左下腹部)を当てる↓


このように色々な方向からの光線照射を行いましょう。

子宮や卵巣はよく温めると良いので、3001-4008番や1000-3001番を使うといいでしょう。

術後の癒着予防には、1000-3002番がいいでしょう。

コロナウイルスやインフルエンザ、肺炎、肺癌、気管支炎など肺の免疫力アップ光線照射方法

肺の疾患や予防の光線治療方法は、肺の周りをよく当てることです。

まずは、胸と肩甲骨間部の挟み込み↓


つぎに、上向きになって肺の左右から挟み込み↓


それから左右咽喉部とのどの正面↓



各部位5分間~20分間と症状の程度、光線治療回数などを考慮して照射時間を決定します。

治療用カーボンは3000-5000番、5002-5002番、3001-4008番、さらに1000-3000番もOKです。

毎日少しずつ当てると、肺の免疫力アップにいいですよ。

M・Yさん70歳女性、逆流性食道炎のコウケントー光線治療

逆流性食道炎のお薬を服用しながら、コウケントー光線治療を取りれて症状の緩和を期待してたんぽぽに来院。

ハッキリ言って、逆流性食道炎の光線治療は、根気との戦いです。

原因が様々あり、これさえすれば、ハイOK!とはいきません。

M・Yさんは、他にも脊柱管狭窄症を患っており、姿勢は少し前かがみぎみです。

胃がいつもムカムカして、食べすぎると吐くこともあるそうです。

こういう場合は、はじめから腹部の光線はせずに、両足裏部・両足首部・両膝部・腰部・背正中部・後頭部・左右咽喉部を合計40分間光線照射。

治療用カーボンは、3001-5000番を使いました。

まずは、脊柱管狭窄症による痛みで、腰背部の筋肉のこわばりが強く、それを良くしようと思いました。

週に2回の光線治療と指圧を組み合わせて、施術を行うこと20回。

脊柱管狭窄症の痛みは9割ほどなくなり、背すじを伸ばして歩けるようになりました。

すると、逆流性食道炎の症状が気にならなくなり、たまに食べすぎた時に胃がムカムカしたり、吐き気がある程度になりました。

治療回数は、30回ですが、脊柱管狭窄症の痛みが軽減した頃から、腹部・上腹部・背正中部に追加照射。


逆流性食道炎の症状が辛い時には、裏側の背正中部(1号集光器)を症状が軽くなるまで光線照射するといいでしょう。

マスクをかけっぱなしで耳の後ろが化膿したり、皮膚が擦れて痛いときの光線治療方法

マスクのかけっぱなしで、耳の後ろがマスクのひもで擦れて、出血したり、化膿したりしていませんか。

そういうときでも、光線治療を大いに活躍させてください。

照射方法は、左右咽喉部より少し上の部分を当てるだけでOKです。こんな感じ↓


治療用カーボンは3001-5000番、3001-4008番を使って、2号集光器で光線照射を30~40分間です。

えッ!耳の裏部に直接当てないんですか?

はい、当てなくても左右咽喉部の少し上をめがけて当てるだけで、耳の皮膚はキレイになります。

治っても、週に1~2回は予防的に左右咽喉部の少し上を当てていると、耳裏部の皮膚が強くなります。