I・Fさん75歳女性、ガーデニングで膝部の痛みにコウケントー光線治療

ガーデニングが趣味のとってもパワフルなお方ですが、左右の膝部の激痛で病院を受診したところ、変形性膝関節症で炎症があるため、週に1回の注射を打ちに行っているそうです。

痛みは大分落ち着いたそうですが、ガーデニングは止めようかしらとボソッと言いました。

たんぽぽは思うところがあって、今って座ることはあっても、しゃがむ動作はしないでしょう。

ガーデニングや畑仕事って、しゃがむんですね。これはとても体にとっていいことです。

関節を柔らかくしてくれますから。ただ変形性関節症があるとつらいので、椅子を使いながらガーデニングは楽しんだ方がいいのでは?

出来る範囲でいいから好きなガーデニングは続けて欲しいと言いました。

幸いにも、軽い変形性膝関節症ということで手術をするほどでもないそうですから、膝の健康のために光線をよく当てるようにアドバイスしました。

通院治療を週に1回(←全身光線)、自宅治療は毎日両膝部のみ30分間。

光線治療でさらに痛みが軽減しているそうで、無理をした日は自宅で両膝部を1時間光線照射しています。

治療用カーボンは3001-4008番、3002-4008番、または3005-4008番もいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です