F・Rさん67歳女性、大腸癌・膀胱癌術後にストーマをしていますがコウケントー光線治療は大丈夫ですか?

人口肛門や人口膀胱などストーマをされている状態で光線照射を行っても何ら問題はありません。

ただし、光線治療器は照射中、熱くなっていますので、ストーマに接触しないように気をつけてください。

現在、たんぽぽでは、人工肛門のストーマをつけての光線治療をされている方は3人みえます。

その内のF・Rさんは、大腸癌と膀胱癌を患い、両方のストーマを付けながら光線治療を行っています。

全身を同時に6台照射を行うと気持ちがいいと言われ、下腹部の不快感が軽減して喜んでみえます。

彼女は週に1回の通院治療と自宅治療を併用して、抗ガン剤治療を頑張っている最中です。

治療用カーボンは1000-4008番を使って、両足裏部・両足首部(←足のしびれ予防になる)・両膝部・ふくらはぎ部・左右下腹部・腹部・腰部・後頭部・左右咽喉部を合計60分間照射。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です