骨だけは弱らせてはいけないのでコウケントー光線治療

特に女性は、閉経後に急激に「骨」が脆くなってしまいます。

健康寿命を延ばすには、まず足腰を丈夫にすることです。

女性の要介護の原因の約26%は、骨折・転倒・関節の疾患です。

一生、自分で『立つ、歩く』を目指して欲しい。

そこで、骨を丈夫にするコウケントー光線治療用カーボンの紹介です。

一般には、3000-5000番、5002-5002番ですが、骨粗鬆症が進行している場合には、1000-5000番、1000-4008番(癌治療にも使用)、1000-6000番です。

カルシウムやリンはもちろん大切ですが、骨質(骨の柔軟性)を良くするためにお肉を食べてくださいね。

両足裏部・両膝部・腰部・背正中部・肩甲骨間部・頸椎下部・腹部に照射。とくに背骨のある腰部・背正中部・頸椎下部は20分間~30分間としっかりと当てる事です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です