血流を良くするには、コウケントー光線治療と施術(鍼治療・指圧・オイルマッサージ等)を併用する。

血流を良くするってどういうことかというと、血液が何物にも邪魔をされずにスムーズに流れることです。

では、身体の中で、血流を邪魔する「もの」って何だと思いますか?

それは、ご自身の筋肉です。

筋肉が硬いほど、血流は悪くなってしまいます。

では筋肉を硬くしてしまう原因は?

長時間の同じ姿勢、睡眠不足、偏った体の使い方(クセ)、精神的ストレスなどあります。

なかなか急には治すことは難しいですが、身体の使い方を意識するだけでも変わります。

たんぽぽは、光線治療にお越しになるほとんどの方に、施術を取り入れています。

もっと血流を良くしてほしいからです。

光線治療の血流改善部位は、両足裏部・両足首部・腹部・後頭部・左右咽喉部です。

これらの部位は必ず照射するように心がけます。

光線照射後は、実際に体を触ってこわばった部位を中心にほぐしていくと、血液がスーッと流れ始めるのが分かります。

血流改善は、全身光線+こわばった筋肉を柔らかくほぐすです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です