子宮や卵巣の女性疾患のコウケントー光線治療の当て方

上向きになって股を開き、光線照射をする方法↓


横向きになってお尻側から光線照射をする方法↓ まず大きく当てる。


次に患部をめがけて1号集光器で当てる↓


さらに左右の横腹から当てる↓


最後に左右下腹部(写真は左下腹部)を当てる↓


このように色々な方向からの光線照射を行いましょう。

子宮や卵巣はよく温めると良いので、3001-4008番や1000-3001番を使うといいでしょう。

術後の癒着予防には、1000-3002番がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です