マスクをかけっぱなしで耳の後ろが化膿したり、皮膚が擦れて痛いときの光線治療方法

マスクのかけっぱなしで、耳の後ろがマスクのひもで擦れて、出血したり、化膿したりしていませんか。

そういうときでも、光線治療を大いに活躍させてください。

照射方法は、左右咽喉部より少し上の部分を当てるだけでOKです。こんな感じ↓


治療用カーボンは3001-5000番、3001-4008番を使って、2号集光器で光線照射を30~40分間です。

えッ!耳の裏部に直接当てないんですか?

はい、当てなくても左右咽喉部の少し上をめがけて当てるだけで、耳の皮膚はキレイになります。

治っても、週に1~2回は予防的に左右咽喉部の少し上を当てていると、耳裏部の皮膚が強くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です