コロナウイルスやインフルエンザ、肺炎、肺癌、気管支炎など肺の免疫力アップ光線照射方法

肺の疾患や予防の光線治療方法は、肺の周りをよく当てることです。

まずは、胸と肩甲骨間部の挟み込み↓


つぎに、上向きになって肺の左右から挟み込み↓


それから左右咽喉部とのどの正面↓



各部位5分間~20分間と症状の程度、光線治療回数などを考慮して照射時間を決定します。

治療用カーボンは3000-5000番、5002-5002番、3001-4008番、さらに1000-3000番もOKです。

毎日少しずつ当てると、肺の免疫力アップにいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です