コウケントー光線治療で照射部位が多い時は、1日ですべてを当てない。

お問い合わせが多いのは、照射部位が多いので減らすべきか、照射時間を短くして全部当てるのがいいかです。

基本照射だけでも、両足裏部・両膝部・腹部・腰部・後頭部と5か所あります。

そして患部の照射をするので最低でも6~7か所当てる必要がありますよね。

1日で全部の照射ができるなら最高ですが、なかなか時間がないと出来ない方も見えます。

そういう時は、パターン①両足裏部・両膝部・患部。

パターン②腹部・腰部・患部。

パターン③両足裏部・後頭部・患部。

パターン④両足裏部・左右咽喉部・患部。

1日で照射できる部位数を3つ程度にして、毎日行ってもいいでしょう。

肩の痛みの光線照射は、肩の前後や上下に当てることがあります。

この場合は、今日は肩の前後、明日は肩の上下(←脇の下と肩上部のこと)と分けて当てるといいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です