コウケントー光線治療で健康増進、疾病管理するためには、光線を生活の一部にしちゃうこと。

何回で良くなりますか、どのくらいで良くなりますかって聞かれますけど、初めからその考えでは良くなりません。

コウケントー光線治療は、歯磨きと一緒で、生活習慣に組み込まないと効果が出にくいと思います。

コウケントー光線治療はプラスの要素。

寝不足、疲れ、冷え、タバコ、ストレス、暴飲暴食などはマイナスの要素。

1日1日を必ず、少しのプラスで終わるようにしなくてはいけませんよ。

少しのプラスの積み重ねが、1年後、2年後、そして10年後には、今の体をいい方向に変化させる要素なんですから。

たんぽぽの話をします。

私は、朝8時から夜10時まで働きまくっています。仕事が終わってから、さぁ!光線をしようとは思わないです。寝たいです。

でも自分に光線を当てなければ、その良さや感動を患者さんに伝えることができませんよね。

そこで、自分自身が光線をしっかりと行うためには、仕事を休まないといけないと思い、実行しました。

以前にもブログに書きましたが、水曜日の午後と金曜日を思い切って休みにしました。

水曜日の午後と金曜日は8台3時間の光線治療をしています。(←たまに2時間(-_-;))

「腹巻」、「カイロは必ず1日3か所に貼る」、「お風呂に入る」は毎日実行して常に温活をして、少しのプラスで1日を終えるように心がけています。

お仕事をされている方は、毎日光線を行うことは難しいかも。なので、週に1回だけ光線治療をする時間を作ることと、腹巻・カイロ・お風呂は毎日実行する。

皆さん一緒に光線治療に取り組んでいきましょうね(^-^)

分からないことなどがあれば、いつでもメールをしてください。

簡潔ですが、必ず返信します(^-^)








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です