T・Aさん女性26歳、アトピー性皮膚炎と花粉症の光線治療

彼女が祖母と一緒にたんぽぽに来院したのが、2年前。

首、肘裏部、膝裏部がとくにひどく、花粉症の時期になる2月~5月上旬までは、顔や体も赤くアレルギー症状が出て、一層痒みが強くなり、大変でした。

皆さん、アトピー性皮膚炎で光線治療をされている方がいると思います。

ただ、全身の湿疹部のみを光線照射されていませんか?

実は、体の湿疹部(首、顔、肘裏、膝裏、背中、お尻、腰、足全体など)だけを光線治療しても、なかなか上手く治りません。

それは、自律神経、内分泌、免疫を整わせずに、患部(湿疹部)だけを当てるからです。

では、どういう光線照射がいいのかというと、やっぱり基本照射を忠実に行うことから始めてください。

両足裏部・両膝部・腹部・腰部・後頭部・左右咽喉部を各10分間(左右咽喉部は各5分間)を必ず当ててください。

それから、患部(湿疹部)は、一度に全部を当てずに、今日はここ、明日はここ、というように照射してみてください。

基本照射を忠実に行うと、嬉しい作用があって、花粉症の症状も軽減する方がいます。彼女は光線をする以前は、ひどい花粉症でしたが、現在は花粉症の症状が出ていません。



首、肩、肩甲骨、腕のコリ・痛み・しびれにコウケントー光線治療

普段、なかなか運動をする機会がなく、体を大きく使わなくなりました。

仕事、家事、育児の毎日の同じ動きは、一部の筋肉を酷使して筋肉疲労を起こします。

こういったコリは、休んだだけでは元のように柔らかくはなりません。

また症状が進行してくると、首、肩、腕だけでなく、全身状態まで悪くなってしまいます。

これは、痛みやしびれの不快症状による自律神経の乱れにより、血管が収縮し、血液の流れが悪くなることで、十分な栄養や酸素が運ばれないためです。

首、肩、腕、肩甲骨のコリ=頚肩腕症候群のコウケントー光線治療方法は、

①まず、全身照射を行って、全身状態を整えます。

②そしたら、気になる患部の集中光線を行います。

③最後に、気になる患部を柔らかくなるまでマッサージするといいでしょう。

または、接骨院などで施術を受けるといいと思います。

四十肩、五十肩は痛くても自分で動かす。コウケントー光線治療で肩周囲を温める。

四十肩や五十肩の悩みでたんぽぽに通院されている方は、現在12名です。

痛みが強くて、動かさずにいると、筋肉が細くなり、余計に痛みが強くなり、さらに動かさないの悪循環になってしまいます。

肩部周りが拘縮し、筋力の低下したものは、光線治療で治すことは出来ません。

ご自身で肩関節を動かして、運動する必要があります。

こんなことがありました。五十肩でどうにもならないとたんぽぽにお越しになられた60歳男性の方。

コンビニエンスストアの店長さんで、そのときはちょうど夏。

1日に6回も清涼飲料水などの補充をされていたそうですが、痛みが強くて光線治療を受けました。

でも仕事は休めない。毎日光線治療を受けながら、飲料水の補充をしていたら、1週間で五十肩が治ってしまいました。

コウケントー光線治療で、関節の拘縮やこわばった筋肉を柔らかくし、動かしやすい状態を作り、あとは無理のない程度にご自身で運動療法を行うこと。

治療用カーボンは、3001-4008番を使います。

照射部位は、両足裏部・両膝部・患部の肩部の前後・脇の下・肩上部を1号集光器で照射・肩甲骨間部・頸椎下部。

照射時間は、合計40分間程度です。

W・Hさん60歳男性、コウケントー光線治療で尿管結石が痛みなく排出できた!

腰の痛み、下腹部の痛み、血尿で病院を受診したら、尿管結石と診断されて、痛み止めを処方されたそうです。

自宅に光線治療器があり、照射方法を兼ねてたんぽぽに来院。

治療用カーボンは、3001-4008番、または3002-5000番(泌尿器系)のどちらか使ってみて気持ちの良い方を選択するように言いました。

3002-5000番の方が、何となくいいような気がするということで3002-5000番を使って、たんぽぽでは両足裏部・両膝部・腹部・腰部・後頭部を5台同時照射、30分間。その後、左右下腹部に各20分間照射。

週に1回の通院治療。

自宅では、両足裏部・左右下腹部・腰部の3か所に各10分間照射。毎日。

なんと、1カ月後にトイレで用を足している時に、数個の結石が痛みなく排出されたそうです。

普通はとても痛いんです。でも光線治療を行っていると、血流が大変良くなるので、痛みが出る前に血流が痛みを抑えるんです。

たんぽぽの臨床現場では、男性のみなさん、痛みのない排出で大変喜ばれています。

W・Sさん30歳男性、発熱があってもコウケントー光線治療をしても大丈夫ですか?

高齢の方、中学生以下の子供さんは、布団に入ってよく眠ることが大切だと思います。

今回の30代男性の方は、両足裏部や両膝部に当てると何となく気持ちがいいというので、体調を見ながら光線照射してくださいと言いました。

発熱があっても光線照射を行う場合はあります。

体内に熱がこもっている状態で、両足裏部に汗が出るまで光線照射を行うことで、こもった熱が外に出て、体温が下がることがあります。

光線治療には、解熱作用はありますが、個々人の体調や体力、全身状態、年齢、性別、体重、持病など総合的に判断して行うため、実際に本人を診て見ないとなかなかアドバイスが出来ないのが現状です。

熱はないけど、咳が出る方は、両足裏部・両足首部・両膝部を3000-5000番、または3001-4008番を使ってよく当ててください。(20分間~40分間)

また背正中部(1号集光器)・肩甲骨間部(1号集光器)・場合によっては胸部(2号集光器)・左右咽喉部(2号集光器)も光線照射(各5分間~10分間)すると、咳が楽になってきます。

光線治療で患部の痛みが取れない時は、もう一度初心に戻る。

なかなか時間が取れなくて、膝の患部だけを光線照射していましたが、1ヵ月経っても痛みが治まりません。

A・Hさん、66歳女性。

こういう場合には、もう一度、丁寧に体を診ることです。

両足裏部は冷えていないか?腰部はこわばっていないか?

そして、両足裏部・両膝部・両膝部裏面・腰部は最低光線照射されるといいでしょう。

とくに、下半身の痛みは、両足裏部と腰部をとくによく光線照射すると、一段と血流が良くなり、痛みの解消にとてもいいですよ。

首から上は、当てすぎないこと!


後頭部、左右咽喉部、眼鼻部、左右こめかみ部、左右乳頭突起部、前額部、口中部など、首から上の光線照射は必ず1号集光器、2号集光器、3号(ガラス管)集光器を使用して、5分間~20分間くらいが照射時間の目安です。

当てている最中は気持ちがいいですが、照射後に頭がふらついたり、頭痛が起きたり、顔や首の皮膚がヒリヒリしたりするなどあります。

どうしても照射する必要がある場合には、1回の照射を5分間~20分間に抑えて、1日に数回行った方が効果的です。

痛みとしびれの両方を光線治療する時のカーボンは何?

痛みとしびれの両方の症状がある場合には、3002-5000番、または3002-4008番の方がいいですね。

これは、痛みに比べて、しびれの方が頑固で治りにくいので、しびれに効くカーボンである3002番を使います。

痛みはしびれよりも治りやすいので、しびれのカーボンで痛みは治まることが多いからです。


また、3002番や4002番は、しびれ以外にも、慢性の痛みや炎症にもよく効きますから、長く患っている腰痛、膝痛、肩こり、慢性胃炎、逆流性食道炎などにも使うといいですね。

光線照射をすると頭痛が起きるのはなぜ?基礎体力を強化するコウケントー光線治療。

元々体力がなく、血管を拡げる機会がない方、極度の冷え症の方、術後の体力低下の方、病気の病院治療中の方、お風呂に浸からない方、交感神経が高ぶっている方、寝不足が続いている方などに頭痛が起きやすいです。

また、足裏だけでもいいと思って足裏部を当てていても、頭痛が起きる方もいます。

たんぽぽの臨床現場で、数多くの光線治療中の頭痛を見てきました。

血管運動神経の過緊張だろうと思うのですが、これも自律神経です。

ただ、じゃあ交感神経を鎮める光線照射をすれば良いかというと、これもまた頭痛が起きます。

ではどこに照射をするといいのか?

実は、両足裏部という部位は、全身に血流を促す作用が強いため、体力などがないと頭痛が起きてしまうのです。

なので、両足裏部を当てずに、横向きでも座ってもいいですが、両膝部や両足首部、または両膝裏面部のどれか1か所に5分間~10分間のみ照射します。

この3ヶ所は、両足裏部に比べて全身に血流を促す力が少し弱いため、マイルドに全身に作用します。

光線治療を行うのも、基礎体力が必要ですが、その体力がないときは、やさしい、マイルドな光線照射を行いながら、少しずつ血管を拡げて血流を促し、基礎体力を付けて、全身光線治療ができる体にしていきましょう。

2週間~1ヵ月間で頭痛は起きなくなりますから、それから両足裏部→両膝部→腹部→腰部→後頭部と全身治療を行っていきましょう。

治療用カーボンは3000-5000番、3001-5000番、3002-5000番のどれでもOKです。






衛生体力・防衛体力(共に自己免疫力)を維持、向上するコウケントー光線治療

世間を騒がしているコロナウイルスですが、可視総合光線療法は、ウイルス感染予防、感染時の重症化予防に役立ちます。

ご自宅でコウケントー光線治療器をお持ちの方は、今まで通り利用され、自己免疫力を維持し、健康保持に努めて参りましょう!