最後は自分の中にある治す力を引き出すしかないんです。そのためのコウケントー光線治療。

初めに言っておきますが、たんぽぽは病院治療と併用してコウケントー光線治療をしております。

何でそんなことを言うのかって?

薬は服用しなければいけないし、でもそこに100%頼るだけでなく、1%でも体の治す力をなくしてはいけないし・・・。

これからの話は、たんぽぽで多く見られた光線治療の臨床経験です。

乳癌術後のホルモン療法中、難病でステロイド剤服用中、潰瘍性大腸炎で薬を服用中、胃癌全摘後の大腸癌など、薬で症状が安定している方のコウケントー光線治療です。

みなさん、何か自分自身のためになる自然治療を求めてたんぽぽの光線治療を受けに来ました。

でも実際に光線治療を受けて見ると、今まで便通や尿の出が良かったのが悪くなった、湿疹が出た、熱が出た、倦怠感が異常に出る、頭痛が起きるなどの症状が出ることがあります。

これは一体なんなのか?

本来、内臓がする仕事を全部、薬の化学作用で強制的に行っているために出る反応です。一時的に悪くなった感じになります。

1回目で反応が出る方、3回~4回目で反応が出る方と色々です。

人工に慣れると、体は怠けて動かなくなってしまうものです。

それを光線治療の自然治癒を引き出す力で動かそうとするので、薬と自然治癒力が一時的に拮抗してしまうために、上記の反応が出るのです。

がしかし、光線療法の光化学作用と深部温熱作用が、自律神経の最高中枢である視床下部に働きかけて、全身の自律神経系・免疫系・内分泌系・血管系の調和を図り、みなさん、10回~50回(個人差によります)で落ち着いています。

だから、ビビらないでください。少しずつ体質を変えていきましょう。

詳しい光線治療方法は、メールでお問い合わせください。何でも知っていることはお伝えします。



Y・Kさん56歳女性、くるぶしのむくみにコウケントー光線治療

何度か、電話でご相談に乗っていましたが改善が見れなかったのでたんぽぽへ来院。

ご自宅で光線治療器を1台持っていて、足首に当てていたのですが、一向にくるぶしのむくみが解消しないというのです。

治療用カーボンは3002-5000番を使用。

足のむくみ解消は、両足裏部・両足首部・両膝部・ふくらはぎ部・腰部の5か所です。

むくみの治療用カーボンは、3002-5000番、または3002-4008番ですが、稀に3001-3002番で著効を現わす方がいます。

ご自宅では1台なのでなかなか効果が出にくいですが、たんぽぽでは一度に5か所を同時照射しますから、1回で効果が出ます。

自宅治療の場合は、必ず両足裏部を当ててから、足首を照射するように言いました。また、普段からシャワー(冬でも)のようで、毎日お風呂に浸かるように指導しました。

あと、肌着やインナーを着て、温められた空気が服の外に出ないように工夫してもらいました。

コウケントー光線治療の照射時間について。

どこでどう伝わったかは分かりませんが、患者さんは光線を当てる時間はせいぜい1日30分~40分が上限ですよねって言うんです。

それ以上当てると良くないと聞きましたって。

そんなことはないですよ。24時間当てたっていいんですから(^-^)

ただ、慢性疾患は一気に当てても症状の改善は少しずつですから、1日30分間~1時間が適当だと思います。

癌の光線治療を行う時は、体力があり、全身状態が良ければ1日に2時間も3時間も光線照射することもあります。

また、急性の捻挫、打撲、肉離れなどは1回の照射時間は2時間~3時間の場合もあります。

一度に何時間と当てると、肌が少し日焼けしますが、そのまま安心して当て続けてください。

当てた部位の肌が日焼けをしても、その部分の肌代謝が異常に良くなっているので、いつも間にか、透き通ったキレイな肌に生まれ変わりますよ。

結論。光線照射時間に上限なしです!ご自身の体力、症状、全身状態などを考慮して、当てる時間を決めてください。

心配な方はいつでもメールなどでご相談ください。当てる部位、当てる時間、カーボンの組み合わせなど、何でもお答えします。

年齢と共に腰が曲がったり、癖のある歩き方になったら光線治療で関節を柔らかくする。

運動をしなくなると途端に、体がこわばってきます。関節の可動域も狭くなってきますよね。

関節って全身に365ヵ所くらいあるのですが、とくに6大関節がこわばると肩こり、腰痛、膝痛、股関節痛、坐骨神経痛などの症状が現れやすくなります。

では、6大関節ってどこ?

それは、上半身は肩・肘・手首、下半身は股・膝・足首の6か所です。

この6大関節がこわばってくると、体の動きがぎこちなくなります。

コウケントー光線治療は、全身にくまなく光線照射を行うことで、筋肉内の血行が非常に良くなるので、筋肉が温かく柔らかくなることで、関節の動きがスムーズになります。

基本照射を行ってから、気になる関節部分は1号、または2号集光器で20分間~30分間照射を行い、その後にマッサージやストレッチでさらにほぐしましょう。

人の動作は、歩いているか(走るなどの動作を含む)、座っているかの2つだけです。

変な癖を付けないように、光線で体を良く温めて6大関節が柔らかいのを確認し、外に出て良く歩き、良くストレッチしましょう。

治療用カーボンは3001-4008番、3002-4008番を使いましょう。

O・Yさん70歳女性、唾液の分泌不足による味覚障害のコウケントー光線治療

長年通っている歯医者さんで唾液の量を測ってもらったら、唾液量が少ないと言われ、よく噛む、ほっぺをマッサージするなど指導された。

唾液が少なくなると、口内炎、歯槽膿漏、虫歯、そして味覚障害などを起こします。

しかし、味覚障害は少しずつ進行するので、味覚が変わったかどうか分からない方もいます。

気になる方は、歯科医での唾液量の検査をおススメします。

では、唾液の分泌を増やすコウケントー光線治療です。

どんな病気や症状でも、光線治療の鉄則は、患部の滞った血行を良くして、血流を改善することです。

両足裏部20分間、両膝部10分間、腹部10分間、腰部10分間、後頭部(1号又は2号集光器)5分間、左右咽喉部(2号集光器)各5分間、口中部(2号集光器)5分間照射。

治療用カーボン3001-5000番、または3001-4008番を使います。

唾液に限らず、胃液、腸液、胆汁、膵液などの分泌がしっかりと行われるように、毎日の光線治療は大切です。

O・Yさんは、毎週1回の光線治療と全身マッサージを6ヵ月間行い、実年齢よりも多くの唾液分泌量(40歳代)になりました。

薄毛の原因を調べてからコウケントー光線治療

色々な理由から光線治療を当てに来る方から、薄毛の悩みがなくなったと報告をたくさん受けます。

病気や痛みの光線治療を長く続けていると、嬉しい副作用がいっぱい出ます。

風邪を引かなくなった、体力が出て来た、疲れにくい、良く眠れる、便通が良くなる、病気の進行が遅い、または止まった、そして薄毛が解消された。

体の疲れ、冷え、ストレス、こわばりなどがあると体のどこかに影響が出ます。

人によって、それが薄毛となって現れることもあって当たり前かもしれません。

でも、その部分にこだわらずに、今の体の具合を省みることが大切です。

働きすぎていないか、睡眠時間は足りているか、冷えやコリはないか、生活は楽しいか、自分の時間はあるかなど、体に症状が出てきますよ。

生活習慣を良くして、自分の体を大切に扱ってください。遺伝などの特別な原因がない限り、毛は生えてきますよ。

肌のうるおいを復活させるコウケントー光線治療

病気や痛みでコウケントー光線治療を受けているたんぽぽの患者さんは、口をそろえて肌のくすみや手の甲のしみがなくなったと教えてくれます。

肌やしみの光線治療をしていないし、その部分に当てているわけではないのに、肌がキレイになる。

これは、全身に光線照射を行うことで、体全体の代謝が高まり、皮下組織の新陳代謝と血流が良くなって、老廃物を流し、肌代謝を促してくれるからです。

ということは、どれだけ気になる肌の部分だけを手入れしても、体の冷えがある、血流が悪い、疲れが溜まっている、筋肉のこわばりが強い、寝不足、胃腸の働きが悪く便通がよくないなどがあると、肌がきれいにはなりません。

お顔や腕、足のしみなどを消したい方は、光線照射を全身くまなく当て続けることです。



いつの間にか、内臓の働きが良くなり、筋肉のコリが消えて、そして肌全体がきれいになっていきます。これらが同時進行で行われなければいけません。

コウケントー光線治療で骨を作り、運動で骨を強化しましょう。

たんぽぽに通われている患者さんは、整形外科でよく骨密度を測っています。

同年齢比で100%!、私は110%もあったのよ!なんて待合室でお話しされているのが聞こえます。

たんぽぽでは、その数字が何を意味するのかを皆さんに教えています。

ズバリ!骨密度=普段の活動量、運動量です。

家の中にこもりっきりでは、骨を刺激しないので当然、骨は脆くなっていきます。

しかし反対に、毎日外出されるような方は、よく歩き、よく動くので骨が刺激されて骨密度が高くなっていきますね。

90%、100%、などの数字の意味することを教えてあげると、患者さんは外出するようになっていきます。

あと、出来れば魚や肉も食べてタンパク質を取り、骨の「しなやかさ」も獲得するともっといいですね。

ラクナ梗塞予防のコウケントー光線治療

脳の細い血管が詰まってしまう脳梗塞は、日本人に多いようです。

でもね、心配しないでください。光線照射をしていれば、予防できますよ(^-^)

治療用カーボンは、3000-5000番、3002-5000番、3001-4008番などを使用します。

両足裏部20分間、両膝部・ふくらはぎ部・両足首部を各5分間、腹部・腰部を各10分間、後頭部・左右咽喉部を各5分間照射します。

必ず週に1回は光線デーを作り、しっかり当ててください。週に2回~3回できれば、もっといいです。

光線照射で体の隅々まで血液の滞りをなくし、体のこわばりをマッサージすることでさらに循環を良くしていきましょう。


普段は元気に動いているのに、光線を当てるとだるさ感・疲労感が異常に出るってどういうこと?

普段は、バリバリ動いているのに、光線治療をしたらぐったりしてしまう方はいませんか。

実は、そういう方は、動き回ることで常にアドレナリン(交感神経優位)を出し続けて元気を保っているんです。

常に戦闘態勢でいることで、健康を保っているみたいな感じ。

だから交感神経の過緊張を光線照射で和らげると、びっくりするくらいにグッタリしてしまいます。

これは、副交感神経が優位になってしまうからです。

もちろん、光線治療を続けることで、光線照射後の疲労感・倦怠感はなくなっていきますけど。

身近でもよく起こる事ですが、お盆や正月などの長い休みに入ると、途端に風邪など体調を崩す方っていますよね。

仕事などで常に過緊張状態にあることから解放されてホッとすると、急に副交感神経に切り替わり、緊張感がなくなり、血流が弱くなるので細菌やウイルスなどに感染しやすくなったり、脳や心臓の循環が緩やかになり、病気し易くなったりすることがあります。

ですので、休みの日でも普段通りの生活スタイルを大きく崩さずに過ごすことが大切です。

また、普段から光線治療を行うことで、自律神経そのものを強くすることが大切になります。

普段の光線治療は、3000-5000番、3001-4008番、3002-5000番などを使いましょう。